駄文置場

PC、ガジェット、音楽に関して自分が興味がある事をツラツラと書いていく駄文置場です。

I-O DATA WN-AX2033GRレビュー

TP-LinkのArcher C5400の無線子機として、
I-O DATAのWN-A2033GRを購入しましたので、簡単にレビューです。

本当にサラッとですが、端的にいうと、

「必要な機能にしぼり」「削れる部分はトコトコ削り」「コストを抑えた」

機種だと思います。

例えば、11acは1733Mbssに対応していますが、11gは300Mbpsに絞り込んでいます。
11gは旧機種だったり、家庭用ゲーム機だったりと、速度を必要としないものをつなぐ事が多いため、
ここにお金をかけても、ということなのでしょうか。

また、筐体も正直いうと立派とはいえません、笑。

本体のプラスチックは薄くペラペラですし、重さも軽く、作りはチープです。
しかも、ランプは裏面に電源ランプと、WPSのランプがあるのみ。
リンクUPした、リンクDOWNしたなど、一切外観からわかりません。
ルーター、AP、リピーターの切替のスイッチもついていません。
設定は基本的に管理画面に入って、メニューで指定する形になっています。
このあたりは、大胆に削ったという印象でしょうか。

一方で、アンテナは新型のアンテナの360コネクトを採用しており、
MU-MIMOも搭載しており、手抜きはありません。

さて実際の画面ですが、飾りもなくシンプルですね、笑
画面では、リピーターモードへの切替を行っているところです。
1

それときになるのは、時刻がどうしてもあわない事、笑
2

NTPは正しく設定しているのですが、不具合なのでしょうか。
動作に影響はないので気にしていませんが、
そのうちファームウエアがアプデされて対応するかな、と思います。

その他の機能も最低限に絞り込まれており(もちろん必要な機能は揃っていますが)、
シンプルで飾り気のない、Wifiルーターに仕上がっています。

ただ一方、機能を絞っているためか、起動やリンクアップするまでの時間も短く、
そして360コネクトがとても優秀なのか、通信も安定しており切断するような事もありません。

今回は子機利用目的での購入ですが、こちらの記事で測定した結果のとおり、
通信速度も速く、しかも安定して動作してくれるのでとても良い買い物だったと思います。

親機として利用するのも良いと思うのですが、
子機としての使い勝手がとても良い機種だと思います。

TP-Link Archer C5400 レビュー

TP-LinkのArcher C5400(AC5400)を購入しました。

AtermやBuffaloは利用者も多いと思うのですが、
TP-Link製品は使っている方も少ないと思いますので、
何かの参考になればと思います。

まず電波強度からです。

添付の図は、鉄筋構造マンションで、木製ドア2枚を閉じた状態、
途中で屈折箇所2箇所ある状態で、約10m程度離れた場所に親機を置き、
スマホアプリで計測したものです。
6

1番目11g(2.4Ghz)、2番目(5Ghz)、3番目(5Ghz)が11acとなっています。
見ての通りですが、電波強度は 11gが-78dBmと、11acが-83dBmとなりました。

この電波が強いか弱いかでいえば、
率直に言って、可もなく不可もなくという印象でしょうか。

さて、今回Archer C5400を選んだ最大の理由は、
安くてコスパが良いにもかかわらず、
トライバンドに対応している事です。

それと、我が家はこちらの記事にも書いた通り、
無線子機を2台接続接続しなければならないレイアウトのため、
11acのアンテナの取り合いにならないよう、
物理アンテナ8本あるという点もメリットと感じています。

さて、こんなArcher C5400ですが今回はAPで利用しています。

ルーターモードにすれば、HomeCareと呼ばれる、
トレンドマイクロ社のセキュリティ機能が使えるなど
それなりのメリットもあるのですが、
今回は家庭環境の事情で、APモードとしています。
2

Wifiの設定ですが、私の過去経験から子機との接続安定を図るため、
極力、自動化の処理を排除する事を心がけているために、
下記の画像のような設定になりました。

11gについては気になる所はなかったのですが、
11acについては1st SSIDがW52/W53専用、2nd SSIDがW56専用となっています。

1st SSIDはW52が設定できるので問題ないのですが、
2nd SSIDはW56で設定せざるをえず、その場合DFSが働き、
チャンネルが自動切換えされてしまうリスクがあります。

ですが、自動処理を無くす事を設定方針にしているので、
今回はW56ですが、チャンネル固定にしてみました。

後々、DFSで影響がでたら、対応は考えたいと思います。
1

2

3

続いて、転送速度を測定してみました。

測定方法は、子機にIODATAのWN-AX2033GRを2台繋いでいます。
その上で、SSID1側のPCからSSID2側のPCへ、
ファイル転送をし、転送速度を測ってみました。

※WN-AX2033GRのレビューは別途書きます。

電波状態はスマホ測定となりますが、
SSID1側は-40db、SSID2側は-83dbでした。

測定条件1)
11acのSSID1と11acのSSID2にそれぞれPCを接続した場合のファイルコピー速度。

転送速度 58MB/s(464Mbps)

測定条件2)
11acのSSID1に2台とも接続し、MU-MIMOを有効にした場合のファイルコピー速度。

転送速度 38MB/s(304Mbps)

測定条件3)
11acのSSID1と、11gのSSIDにそれぞれPCを接続した場合のファイルコピー速度。

転送速度 20MB/s(160Mbps)

このような測定結果となりました。

測定結果ですが、率直にトライバンドすごい!!!という印象です。

最後となりますが、これは書いておかねばという点ですが、
TP-Linkは中国の深圳に本社がある企業であり、
セキュリティ面で不安に思う方もいるかもしれません。
実は私も不安に思っている一人です。

ですが、今のところネット記事などでは、
セキュリティに関する記事は出ていませんので、心配しすぎかもしれませんね。

それを除けば、この値段でトライバンド製品がかえるメリットは大きいです。
本当に安いと思いますし、発熱も少なく、切断もなく、安定しています。

最後となりますが、今日本国内で手にはいるトライバンド製品は、
私が調べた限り4モデルのみでした。※2018年1月2日時点

Archer C5400 21,800円程度 2533Mbps + 2533Mbps + 1000Mbps
WTR-M2133HP 24,500円程度 866Mbps + 866Mbps + 400Mbps
Nighthawk X8 R8500-100JPS 22,000円程度 2533Mbps + 2533Mbps + 1000Mbps
ROG Rapture GT-AC5300 48,700円程度 2533Mbps + 2533Mbps + 1000Mbps

上記の通りですが、BuffaloのWTR-M2133HPは性能が落ちますし、
AsusのGT-AC5300は値段が高く食指が動きません。

NETGEARのR8500はギリギリまで検討したのですが、
様々なサイトを見ると、発熱が酷いというコメントが多く、
またNETGEAR自体も自社製品での発熱を認めている事から、
動作に不安を覚えたため、今回は購入を見送りました。

低温または高温やけどの可能性があるため、
設置場所に工夫を・・・と書かれてしまうと、
流石に手を出すことは難しいと思いました。

Archer C5400は全く同じCPUを搭載しているのですが、
発熱はほんのり温かい程度ですんでいますので、
筐体の大きさを大きくして排熱を気をつければ、
素晴らしい製品になると思うのですが、惜しいなとも感じました。

またAsusのGT-AC5300はROGシリーズという事で、
CPUの性能も良いですし、付加機能も沢山ついています。
ただそこまで必要かと言われると、ホームユースでは過剰性能な気もします。

もう少し値段が安いモデルが出てくれば、
Asusというブランドネームがありますので、
もしかしたら購入するかもしれません。

という事で、色々かきましたが、
Archer C5400の購入検討している方の参考になればと思います。

【マウスコンピューター】INTEL-SA-0086のセキュリティ対応について

Skylake・Kaby Lakededeでハイパースレッディングのバグが発生し、
更にKaby LakeのCore i7のKモデルにおいて異常発熱問題が発生し、
ダブルパンチ状態だったのですが、この2件の問題については、
マウスコンピュータから対応BIOSがリリースされた事により、
無事解決を迎えました。

・・・と思ったのもつかの間、INTELがまたやらかしてくれて、
INTEL-SA-0086問題というセキュリティバグが発覚しました…。

端的にうと

「外部からの遠隔操作でシステムに悪影響を及ぼす危険性がある」

という事のようです。やれやれ。

さて、この問題についてもマウスコンピュータは対応してくれるのかな?と、
サポートに問い合わせをしてみたところ、

「弊社としましても問題を認識しておりまして、早期の改善、
対策のご提供に向けて調整を行っている所でございます。」

という心強い返答がかえってきました。

私が購入したマウスコンピュータのPCには、
MSI社製のOEM専用マザーボード、Z270-S01が採用されていますが、
このマザーボードは、搭載されているチップセットなどから推測をするに、
MSIの市販モデルであるZ270 PC MATEをOEM向けにカスタマイズしたものと、
推測しています。

そして、そのZ270 PC MATEは11月21日付けで、
INTEL-SA-0086を修正したBIOSがリリースされました。

前回、1番上にかいたハイパースレッディングのバグのBIOSの時には、
MSIの市販モデルの対応BIOSがリリースされてから、
約1.5か月でマウスコンピュータもBIOSをリリースした実績から考えると、
推測の域を出ませんが、来年1月中旬頃に、
本件に対応したBIOSがリリースされるのでは?と予想しています。

いずれにしても、サポートに問い合わせをした時に、

「現在調査中です。」

といった曖昧な返答ではなく、ポジティブな回答が得られた事はよかったと思います。
やっぱりマウスコンピュータ、サポートはとても良いのでは?と思っています。

ただし標準のファンは煩いので交換必須ですけどって、しつこく書く(汗)

<追記>
インテル社のファームウェアに関する脆弱性のお知らせ ( 2017年12月29日 更新 )

というFAQがアップされました。

現在改善に向けて修正ファームウェアでの対応を進めており、改善を確認した製品から順次修正ファームウェアを提供いたします。

との事です。

調整 → ファームウエアのアップデートでの対応確定

という段階に進みました。

>推測の域を出ませんが、来年1月中旬頃に、
>本件に対応したBIOSがリリースされるのでは?と予想しています。

という予測を立てていましたが、少し遅くなる可能性はあるものの、
このFAQがでたという事はある程度目処がたったと考えられるので、
検証期間を経て、予想どおり1月中旬頃リリースされるのでは?と思っています。

続:無線WIFIルーターの通信速度を最適化(?)する方法

こちらの記事で書いた接続方法で家庭内の無線Wifiを構築しているのですが、
右下のLDKにある親機を、TP-LinkのAC5400に入れ替えました。

b7a92132

このような接続に変更しています。

AC5400が8x8のトライバンド対応のため、
SSIDを変更すれば、理屈上は2台ともに11acでの接続で速度がでるはず!
という事で、1台を11gで我慢していた頃と比較してみました。

「左下(部屋②)」から「LDKの上」へ、ファイルコピーした速度比較ですが、

○ビフォワー:最大200Mbps
○アフター:最大480Mbps

と、大幅に向上しました!!

スペック上の接続速度は、
800Mbps → 1733Mbpsにアップしており46%の速度向上ですが、
実測値は41%の向上と、かなり優秀な結果となりました。
AC5400のトライバンドはなかなかよろしいですね。

ただAC5400を全員におすすめできるかというと、それはないですね・・・。

ごっついアンテナがついているからといって、
1万円程度のBuffaloやNECと較べて電波が強いという事もありませんし、
本体も大きく、設置場所もとります。

値段もトライバンドルーターとしてはとても安いですが、
通常の家庭利用用途としては安価でもありません。

ですので、1:nの一般的なシンプルなネットワーク環境であれば、
BuffaloやNECのルーターの方が向いていると思います。

ですがn:n接続が前提であれば、本機導入のメリットは大きいです。

そもそもトライバンド接続となると、国産モデルは2017年12月時点で1機種しかなく、
(BuffaloからWTR-M2133HPのみ)、値段も高く、スペックも良いとは言えません。

そのため海外製品に頼らざるを得ませんが、

TP-Link
AC5400:アンテナ8本、2533Mbps + 2533Mbps + 1000Mbps 最安2.1万円

AsusTek
RT-AC3200:アンテナ6本、1300Mbps + 1300Mpbs + 600Mbps 最安2.1万円
GT-AC5300:アンテナ8本、2533Mbps + 2533Mbps + 1000Mbps  最安4.8万円

NETGEAR
R8000:アンテナ6本、1300Mbps + 1300Mpbs + 600Mbps 最安2万円
R8000P:アンテナ6本、1625Mbps + 1625Mbps + 750Mbps 最安3万円
R8500:アンテナ8本、2533Mbps + 2533Mbps + 1000Mbps 最安2.2万円
R9000:アンテナ8本(?)、4600Mbps + 1733Mbps + 800 Mbps 最安3.9万円

調べたところ、現状はこのようなラインナップしかありません。

NETGEARのR8500がスペックがほぼ同等ということもあり、
NETGEARの戦略なのか、最安価格も似たり寄ったりなのですが、
各種レビューをよむと、R8500は発熱がすごいという意見が多く、
安定動作に不安を覚えたため、AC5400としました。

ちなみに、AC5400はほんのり暖かくなる程度です。

TP-Linkは中国メーカではありますが、
WAN製品では、世界1のシェアを持つメーカでもありますので、
品質面でもそんなに悪くなさそうです。

Dell Latitude E7250の修理

Dell Latitude E7250のSSDが不調になったためDELLに連絡したところ、
故障チェックをするので預かり修理させてほしいという話になりました。

修理の出し方はとても簡単で、電話翌日に佐川急便が取りに来るので、
箱など一切入れず、佐川に本体をポンと、そのまま渡すだけです。

そして翌日、佐川が引取にきてくれました、渡すだけなのでとっても簡単。

2

預り証もちゃんと渡してくれてひと安心です。

さて、更に翌日(修理申し込みの翌々日)に、ちゃんと到着したかを確認するために、
佐川の追跡サイトで確認したところ、あれれ?という状態になりました。

1

佐川からもらった伝票の控えでは、

東京都千代田区


が到着地になっています。

しかしながら郵便番号(136-0075)は、

東京都江東区

の郵便番号です。はて!?

千代田区行きなのに、郵便番号が江東区!???!?

・・と、ここで!?!?!?となったのですが、

更に佐川急便の追跡案内をみると、

3

千葉県の茂原営業所

が担当し、配達完了になっていました。

ええええ!?あれなんで千葉いっちゃったの!?

不安になってDELLに電話をしたら、修理工場で受け取り済。
修理に入っているのでご安心下さいとの事でした。

どうやって千葉にいったのかよくわかりませんが、
とにかくSTLC(佐川急便東京ロジスティクスセンター)に搬入されたあと、
5Fに運びこまれてペガトロンに引き渡しされ、そこから先の流れはさっぱりわかりませんが、
・ペガトロン=台湾の大手組み立てメーカ(iPhone等を組み立てしている有名企業)
・DHL=国際的な運送業者
・デル
の3社がなんらかの形で連携をし、千葉県茂原市にある工場に搬入し、
修理にはいったということのようです。

ちゃんと届いたから良いのですが、判りづらくてややこしい、笑
きっと修理はペガトロンが代行でやっているのでしょうね。

とりあえず無事修理にはいったようなのでひと安心。
あとは修理がどのくらいでかえってくるかです。頑張れペガトロン!

<追伸>
12月25日修理完了のメールが届きました。12月26日自宅着との事。

12月19日に修理出し→DELLの修理工場に12月20日着。
12月25日に修理完了→発送、12月26日自宅着。
という流れでしたので、修理日数は実質6日間でした。

基本的に修理の間はなんの連絡もなく、
修理がおわったら出荷メールが届くだけですので、
ちょっとヤキモキしますね、笑

さて修理結果ですが、どうやらSSDの物理故障という事だったようです。

実はこのPC、出荷時(購入時)はWindows7Pro 32bitがインストールされていたのですが、
Windows10Proのダウングレードライセンスだったため、
Windows10Proをインストールし出荷してもらいました。
(修理依頼をかけたときに、サポートの方に尋ねられたのでWindows10をチョイスしました)

出荷状態をAcronis True Imageで大事にバックアップし、保存しておこうと思います。
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
アーカイブ