駄文置場

PC、ガジェット、音楽に関して自分が興味がある事をツラツラと書いていく駄文置場です。

無線LAN中継機 IODATA WN-AC1167EXP 導入しましたが、大変優秀でした。

先日購入したこちらの中継機ですが、中継機として利用できなかったので、
あらためて中継機を買いなおしました。

再度今回の目的の確認ですが、親機からの無線WIFIの電波が、
部屋によってスマホに届きづらかったので、
無線LAN中継器=ワイヤレスエクステンダー を導入しました。
電波が届きづらい部屋であっても「スマホに電波を届ける事」を目的としています。

またこちらも再掲となりますが、導入するにあたり、
設置場所の都合などから、以下の条件で選びました。

1)コンセント直付けである事
2)11acに対応している事
3)アンテナ内蔵ではない事(アンテナが外にある事) ※諦めました

今回も IODATA WN-AX2033GR(以下親機) との接続をしました。
WN-AC1167EXP は直線距離で約4.5mにあるコンセントに設置しました。
ちなみに途中に木製+ガラスのドアが1枚あります。

初期設定ですが WPS を使って簡単に接続できました。
親機は5Ghzの無線電波しか出していないので(2.4Ghzの無線は切っています)、
当然ではありますが、本機・親機は5Ghzで接続されました。

特に設定変更が必要なところもなかったので、
繋がったままの状態でそのまま使っています。

<安定性>
こちらの記事に書いた通りRaspberry PI 3を使って、
ホームサーバーの死活監視を行っているのですが、
そちらに設定を加えて WN-AC1167EXP がどのくらい連続稼働するか、
監視してみました。

無題

使い始めから死活監視していますが、40 時間以上経過した時点で、
1度もダウンする事なく連続稼働しています。
全く落ちる気配がないため、もっと連続稼働時間は伸びると思われます。
とても安定していますね。

<速度>
手持ちのAQUAS SHV39につないで速度計測してみました。
計測時間は19時頃で、4パターン計測しています。

パターン1)WN-AC1167EXPの真横で 5Ghz で計測
5GHzまよこ

パターン2)WN-AC1167EXPの真横で 2.4Ghz で計測
2.4GHzまよこ

パターン3)WN-AC1167EXPから1部屋はなれドアをしめた状態で 5Ghz で計測
5GHzへや

パターン4)WN-AC1167EXPから1部屋はなれドアをしめた状態で 2.4Ghz で計測
2.4GHzへや

速度面ではこのような結果となりました。

我が家は VDSL回線で下り最大100Mbps 上り 40Mbpsが理論上限値のため、
それを考えれば、上り下りの速度はなかなか良いのではないでしょうか。

またPing値についても有線接続で測定しても8ms程度ですので、
それを考えれば十分だと思います。

今回の中継機に限った事ではなく、
親機も含めこれまで無線機器を色々購入してきましたが、
IODATAの製品はトータルバランスが良いように感じています。

私の感覚でいうと安定性と通信速度のバランスを考えると、

IODATA > NEC >>> buffalo >>>>> 海外製品

のような序列イメージを持っています。

IODATAというと過去液晶を買って散々な思いをした苦い経験はありますが、
少なくとも無線Wifiについては、とても優秀だと感じています。

ホームゲートウェイを利用したv6プラスで、IPv4のポート開放をしたりUPnP転送を使ってQNAPを外部開放する。

v6プラスは一般的に、IPv4のポート開放が不可という風に言われています。
これはある意味では正しく、ある意味で正しくありません。

具体的には「ポート番号は何でもよいので任意のポートを開放して」
というお題であれば、対応可能です。

任意って具体的にどのポート番号なの?という事になりますが、
以下の手順で確認ができます。

まず、以下のURLにアクセスします。

http://ntt.setup:8888/t


すると、以下のような画面がひらきます。

000
ここで「IPv4設定」のアイコンをクリックし、
表示されるメニューから「高度な設定」をクリックすると、
(初回のみ任意のIDとパスワードの初期設定が必要です)
以下の画面が開くので「UPnP-IGD設定」にチェックをつけ、
設定ボタンを押します。

0000

つづけて Top をクリックします。

0001
すると、このように自分に割り当てられた「IPv4アドレス」と、
「利用可能ポート」=自分がポート開放可能な一覧が表示されます。

ここに表示されるの「利用可能ポート」の範囲であれば、
任意に開放する事は可能という事になります。

例えば、8010-8015 が割り当てられているとしたら、
8010、8011、8012、8013、8014、8015
番のポートのみ、開放が可能となるわけです。

つまり、あるソフトの利用にはポート開放が必要だったとして、
解放すべきポート番号が固定で指定されている場合であっても、
上記で割り当てられたポートの範囲に合致していれば開放は可能となります。

ただし、現実的に偶然合致するというケースは少ないでしょうから、
実用的には、ポート開放が必要だった場合に、
ソフト側で開放すべきポート番号を任意に設定できるケースであれば、
開放可能と考えた方が良いと思います。

実際の開放手順は、左側のメニューから「静的NAPT設定」を使えばできます。
設定方法は極めて一般的な方法で、難しくないため記載は割愛をします。

===

以下はポートをダイレクトに開放する方法ではありませんが、
QNAP の NAS を v6プラス環境で UPnP のポート開放を使い、
任意のポートを開放する事で、外部からアクセスする方法となります。

myQNAPcloud に手持ちの QNAP を登録すると外部からアクセスが可能となり、
HTTPS プロトコルを使い 443番ポートを経由して QNAP にアクセスをしようとします。

しかし v6 プラスは上に書いた通り、1つのIPアドレスを複数の回線で共有するため、
0番~1023番の範囲=ウェルノウンポート番号が割り当てられる事はありません。
つまり HTTPS 通信のデフォルトポートである 443番が割り当てられる事はありません。
この事から標準設定のままでは myQNAPcloud から QNAP に外部アクセスする事はできません。

そのため QNAP の HTTPS プロトコルの着信ポートをデフォルトの443番から、
別のポートに変更する作業が必要となります。

111
その方法ですが、 QNAP の設定画面を開き
「システム」「全般設定」「セキュア接続(HTTPS)を有効にする」
のポート番号を、上で確認した自分に割り当てられたポート番号の範囲の中から、
任意のものに設定するだけです。とても簡単に変更ができます。

222

この設定が終わった後、Cloudlink アプリを開きなおし、
ステータスに緑色のチェックがつき Cloudlink のステータスも緑色になれば成功です。

注意点としては myQNAPcloud のアカウントパスワードを破られると、
自宅の QNAP へ容易にアクセスされてしまうリスクがあるので、
破られないよう複雑なパスワードを設定しておく必要があります。

また2段階認証を設定しておくとより安心だと思います。
※ただし海外での利用は SNS が届かない場合があるので要注意です…。

もう1つの注意点としては HTTPS プロトコルの着信ポートを
デフォルトの443番から変更していますので、
今後 HTTPS プロトコルでアクセスする必要がある場合は、

https://xxx.xxx.xxx.xxx:ポート番号

のようなポート番号指定が必要となります。

とはいえ QNAP へ外部からリモートアクセスするだけの用途であれば、
実用上問題になる事はほぼ無いと思います。

INTEL CPU を搭載した QNAP であれば、
Windows や Linux をインストールしブラウザ経由で使う事ができるので、
家庭内の PC メンテナンスやデータ取り出し等で応用できそうですね。

===

最後となりますが v6 プラスはポート開放が不可なのではなく、
自分に割り当てられたポート番号範囲しか開放できないというのが正しい表現となります。

これをうまく応用すれば色々な活用方法が見つかるかと思います。

無線LAN中継機 NETGEAR EX6120 導入しましたが、やや失敗しました。

親機からの無線WIFIの電波が、部屋によってスマホに届きづらかったので、
無線LAN中継器=ワイヤレスエクステンダー を導入しました。
電波が届きづらい部屋であっても「スマホに電波を届ける事」を目的としています。

なお導入するにあたり、設置場所の都合と
少しでも性能があがる事を期待して以下の条件で選びました。

1)コンセント直付けである事
2)11acに対応している事
3)アンテナ内蔵ではない事(アンテナが外にある事)

この条件だとTP-Linkが最安でしたが過去の失敗から購入を避けたかったので、
次点で安い NETGEAR EX6120(以下EX6120) を導入する事としました。

ですが結論からいうと、中継機としては使えずAPモードで使う事としました。
その理由は最後に記載します。

まず経緯からです。

今回は IODATA WN-AX2033GR(以下親機) との接続をしました。
EX6120 は直線距離で約4.5mにあるコンセントに設置しました。
ちなみに途中に木製+ガラスのドアが1枚あります。

初期設定ですが WPS を使って簡単に接続できました。

その後使い始める前に EX6120 にログインし一部設定を変更しました。
具体的には FastLane Technology を有効にしています。

1111
設定内容は親機と EX6120 の間を 5Ghz で接続し、
EX6120 と子機の間を 2Ghz で繋ぐモードとしました。

これで中継機能の設定はばっちり完了をしたので、
親機と EX6120 のリンクアップ速度を確認しました。

2222
EX6120 の 11ac の最大性能の理論値は 833Mbps ですが、
780Mbps という高速リンクアップを実現してくれました。

やはり外付けアンテナの効果は抜群ですね。
電波状態・機能はとても優秀と言えそうです。

ですが中継機として使えなかった理由はここからとなります。
シンプルに言うと、以下のような事がおこります。

1)時折、接続が瞬断します。正しくいうと、
本体がプチフリーズしたような形となり、
2時間に1回位の頻度で接続が一瞬途切れます。

2)中継モードだと上りの通信速度が極めて遅いようです。
EX6120
下りはさておき、上り0.63Mbpsはおかしいような…。

自分だけ?と思い調べてみると、
こちらのサイトを見ても同じように上りが遅いです。
どうやらNETGEARの中継機の特性のようです。。

という事で、中継機として使う事をあきらめ、
新たな製品を購入する事としました。
今度購入したのは IODATAのWN-AC1167EXPです。

WN-AC1167EXPは現在絶好調で動いているのですが、
その事については、別途書こうと思います。

so-net 光 コラボレーションへのコース変更

so-net 光 コラボレーションへコース変更する事にしました。
現在は So-net 光 with フレッツ S (マンション) ですが、
こちらのコースのメリット(?)は、

プロバイダ料金 = So-netからの請求
フレッツ料金 = NTTからの請求

となっていて、例えばプロバイダが遅いとか、
何かあって他のプロバイダに乗り換えるといった時であっても、
so-netの場合は、違約金なしでプロバイダを解約し、
すぐに乗り換え出来る点にありました。

とはいえ 5/26にv6プラスが開通して以来、
ずっとv6プラス回線=日本ネットワークイネイブラー株式会社 を利用しているわけですが、
回線速度も申し分なく良好であり、非常に安定をしている事から、
今後プロバイダを乗り換える事はないだろうと踏んで、
更なる料金ダウンを狙ってコース変更をする事としました。

<料金比較:現行>
〇プロバイダ料金(so-net) : 900円
〇フレッツ料金(NTT) : 3250円(マンションタイプ2 + 2年割適用)
〇ルータレンタル : 450円
〇ひかり電話 : 500円

計:5100円

<料金比較:移行>
〇プロバイダ料金(so-net) : 4000円(So-net 長割 for 光コラボレーション適用)
〇So-net 光 コラボ電話 : 500円

計 :4500円

<メリット>
・マンションタイプは無線Lanカードを利用しない場合はHGWは無料
・auスマホでau側で割引が適用。(1000円×2回線)
・東京ガストリプル割で割引が適用。(100円)

<デメリット>
・30か月の継続利用をせず解約すると違約金7500円が発生。
・転用をするとSo-net から NTTに契約を戻す事はできない。
(つまり、So-netの利用をやめたくなった場合は、
フレッツ回線を1から引き直ししかない。初期工事費用などがかなりかかる。)

うまい話には注意点もあるわけで、ようは本契約を利用するという事は、
腹を決め、So-netを使い続ける位の覚悟がいるという事になります。

とはいえ違約金を考えなければ、月額で純粋にプロバイダ料金が600円/月のダウン。
更に当方、東京ガス区域のため100円が更にダウン。
加えて、auスマホの料金もスマホ1000円 x 2台ダウン。
で、最大2700円も安くなる計算となります。これはなんとお得…。

特に今回のメインの目的の1つにauスマホの割引がありますが、
softbankに乗り換えることはないですし、
docomoに乗り換える事もまぁないとおもうので、
So-net + au でいく!と腹をくくっています(笑)
※それでもv6プラスの回線速度が大幅に落ちたり、
docomoがびっくりするくらいお得な料金プランを出したら別ですが…。

さて手続きですが、今回は既にソネット会員であり、
かつ、フレッツ光は開通済み(利用中)であり、
さらに、ひかり電話も利用しているという状態になりますので、
以下の手順となります。

1)フレッツのホームページで転用番号を取得。※その場ですぐに発行されます。
2)ソネットのホームページでコース変更申込。

手続きはとても簡単でした。以下恒例の開通までの備忘録です。

<履歴>

6/29 9:00頃 フレッツの転用番号取得。

6/29 10:00頃 「So-net 光 コラボレーション」「So-net 長割」「So-net 光 コラボ電話」に申込。

6/29 12:45頃 「So-net 光 コラボレーション」回線転用手続き開始というメールが着信する。

6/30 23:30頃 マイページを見たら「工事手配済み」となっていた。

7/2 18:00頃 ハガキが2通届き工事日=移転日が7/9に確定したとの事。局内工事のみで宅内工事なしとの事。

7/9 終日 工事日のはずですが特に何も変わった様子はなし。マイページも「工事手配済み」のままです。

7/10 6:40頃 フレッツからあずけ~るのプランが無料プランに変更になったとのメール着信。
あれ?So-net 光 コラボレーションにプラン変更しら、
フレッツあずけ~るも使えなくなるのでは?とおもったのですが、
どうやらコラボ回線でも継続利用できるようですね。
なおフレッツ光メンバーズクラブにはログインできなくなっていたので、
どうやらNTT側での工事は昨日予定通り行われたようです。
更に、午後になりますが、auショップでauスマートバリューを申し込みました所受理されたので、
やはり工事そのものは完了しているようです。マイページの表記が遅れているようですね。

7/10 18:30頃 So-netから「So-net 光 コラボレーション」「So-net 光 コラボ電話」の開通案内が届きました。

===

これで無事完了です。比較的スムースに移行できたかなと思っています。

コラボ回線にしたので、ホームゲートウエイレンタルや、ひかり電話なども含め、
今後のサポートは全てソネットに1本化されます。

ソネットに移行したとはいえ、回線はなんら変わっていないので、
速度面や使い勝手など含め、体感的に何もかわっておらず順調に使えています。

LiSA LiVE is Smile Always~ASiA TOUR 2018~[eN]@武道館2日目参戦しました!

LiSA LiVE is Smile Always~ASiA TOUR 2018~[eN]に参戦しました!
FC最速予約で6/15(金)参戦でした。

武道館内撮影禁止なのでステージレイアウトの写真は載せる事ができませんが、
北側サイドバック席前方だけにライブステージが設置される形ではなく、
左右~北側サイドバック席の手前に、走り回れる花道360度設置されていました。
加えて、アリーナ中央に花道がせり出している形でした。
※説明が下手すぎですね…。

https://twitter.com/LiSA_OLiVE/status/1007630951017426944
詳しくはLiSAさん公式ツイートで確認ください!

この事で、いわゆる左右後方のサイドバック席の方は、
LiSAさんが花道に移動して歌ってくれた場合、
1~2m前方にLiSAさんがいる状態まで接近できるようになっていました。
この位置関係だとアリーナ最前列よりも近くにLiSAさんがいる状態です。
※ライブ中、3~4回位はサイドバック席側を走り回っていたように思います。

またアリーナ中央にせり出しが設置されていましたので、
1Fや2Fのスタンド席の方であっても(近いとは言いませんが)、
前にでてきてくれたときは、前方列の方であれば
かなり身近に感じながら見ることができたのではと思います。
※ただとはいえ、基本的にはアリーナを向いてステージで歌っていることが多いので、
やはりアリーナ中央前方の方が1番良く見える事は間違いありません。

ただ武道館位のキャパになると、色々と運営側で工夫はしてくれたとしても、
後方列の方はどうしても見づらくなってしまうのは、つらいところではありますね。

さてここからはネタばれです。見たくないかたはブラウザバックを。続きを読む
記事検索
最新コメント
アーカイブ