駄文置場

PC、ガジェット、音楽に関して自分が興味がある事をツラツラと書いていく駄文置場です。

Core i5-8400 で PCを組みました。(ホームサーバー)

メインのPCの組みなおしがおわったので、
続いてホームサーバーの見直しをしました。

理由としては、現行の NUC5i3RYH に非力さを感じていたためです。

ただ流石に新品を新たに買う予算はないので、
手持ちで余っているパーツを売りに出し、それを元手に購入しました。

<元手>
電源も入れず眠っていた4790Kマシン・・・40,100円
NUC5i3RYH・・・10,000円
DDR3 SO-DIMM 8GBx2・・・7,600円
DDR4 SO-DIMM 16GBx2・・・18,000円
計75,700円


<購入した物>
CPU:INTEL Core i5-8400・・・20,035円
CPU Fan:Noctua NH-L9i・・・5,740円
M/B:ASRock H310M-ITX/ac・・・11,970円
MEMORY:VENGEANCE LPX CMK16GX4M2A2666C16 8GB x2 21,606円
CASE:RAIJINTEK METIS PLUS・・・4,980円
POWER:CORSAIR CX Series CX450M CP-9020101-JP・・・5,377円
※SSD、HDD流用
計69,708円

上記構成で購入をしました。

実は7月頃に AsRockのベアボーンである DeskMini 310 の発売があるようで、
小型化を狙うならそちらを待つ手もあったのですが、
拡張性皆無な点と、過去に DeskMini 110 を所有していた経験から、
廃熱に不安が残る事を考慮し今回はパスしました。
※DeskMini 110は既に売却済み

===

組みあがった新PCですが、無駄な電力消費を避けるため、
マザーボード上のWifi機能は無効、TurboBoostも無効にしています。
この状態での消費電力測定をしてみました。

過去の消費電力測定
において、
NUC5i3RYH はアイドル時 10W と極めて優秀でした。
(当時測定していませんがファイルコピー時も15W程度と想定します)

その際に測定した 7700K + ATXマザー は、
アイドル時 21W ファイルコピー時 25 W という結果でした。

早速今回新たに作ったPCで測定してみたのですが、
結果はアイドル時 21W ファイルコピー時 32W という結果でした。

アイドル時の値こそ 7700K と一緒だったものの、
ファイルコピー時は 7 W 程高い数値となりました。

恐らくコア数が4つから6つに増えたため、
CPUがちょっとでも計算をはじめると、
ポンと消費電力があがる傾向がありそうです。

続いて電気料金です。

電気代を1kWh 14円とし、
21時間はアイドル状態、3時間はファイルコピー等
低負荷な処理をしている状態で計算すると
2.745円/年という事になります。

NUC5i3RYH を同条件で計算すると1,304円/年となりますので、
年間で875円のアップという事になりました。

これを高いとみるか安いとみるかですが、
そもそもは NUC5i3RYH が非力で、ファイルコピーに時間がかかったり、
圧縮解凍などに時間を食っていた事が要因で今回のPCを組んでいますので、
多少電気代があがってしまうのは仕方ないと考えています。

残すは安定性ですが、こればかりは長い時間運用してみないとわからないので、
数か月運用してから、またブログを更新しようと思います。

===

※2018/6/29追記
ケースファンを交換しました。

1
メモリと背面のファンを取り外した状態で撮影しています。
電源はケース内にファンが向くように取り付けます。

2
下からみると電源はこの向きになります。
電源コネクタの差し込み向きはこのようになります。

3
背面のケースファンをKAZE FLEX 120 PWMに交換し、
メモリを取り付けた状態での撮影です。

今回はビデオカードを取り付けていないので、
ATX電源でスペース的に問題は無いのですが、
ビデオカードを取り付ける場合、ATX電源だと大きすぎるので、
SFX電源をチョイスしたほうが良いと思います。

4
最後にアイドル状態の電圧や温度ファン回転数を計ってみました。

BIOSでCPU&ケースファンの回転数制御をしていますが、
KAZE FLEX 120 PWMの場合、アイドル時には
ケースファンは900rpmを切る状態まで回転数が落ちてくれたので、
静音性が大きく向上し、とても静かになりました。
CPUの温度も40度を切っていてよく冷えているようです。

当面この状態で使ってみようと思います!

Core i7-8700K で PCを組みました。(メインPC)

夏茄子の足音が聞こえてまいりまして、
恒例ですが今年も散財する事に致しました。

<パーツ構成>

◇CPU INTEL Core i7-8700K
◇CPU FAN サイズ 超天 SCCT-1000
◇M/B ASUS TUF Z370-PLUS GAMING
◇メモリ CORSAIR VENGEANCE LPX Series CMK16GX4M2A2666C16 8GB x 4
◇VGA MSI Armor2X GEFORCE GTX 1080 ARMOR 8G OC
◇SSD WD M.2-2280 500GB WDS500G2B0B
◇HDD ST2000DM006 x 2 手持ち品流用
◇CASE:SILVERSTONE SST-PS11B-W
◇電源 Thermaltake 850W PS-TPG-0850FPCGJP-R
◇BD ASUS BC-12D2HT

※Windows 10 Proで使用

このような構成としました。

用途は、ゲーム、DTM、普段使いのいわゆるメイン機です。
DTMの安定動作検証を進めて、iMacは値段がつくうちに売りに出そうと思っています。
※iMacは23万円で購入、17万円で売却予定。実質6万円/年なので悪くないかな!?と思っています。

またゲーム環境を安定させるため、ケースファンを変更をしています。

購入したケースは元々フロントファンが1つ付いているのですが、
そちらは取り外し、フロントファン2つ、ボトムファン1つの計3つに変更しています。
また、サイズの鎌風PWMで統一しました。

さらに冷却効果を得るため、マザーボードのFan設定はTurboに変更しています。
※Turbo設定はCPU温度の上昇に対して、ファン回転数の上がり方がやや大きくなる設定です。
アイドル時は最低回転数なので静かに回りますが、熱によるファン回転数上昇が大きくなる感じです。

====

<ゲーム環境>

ゲーム環境の確認からです。
WQHD(2560x1440)で、最高品質、仮想フルスクリーンの設定で、
FF14のベンチマークを回してみました。

〇アイドル時(ベンチマーク前)
無題

6月に入り気温が高い日も増えてきていますが、
この日は雨、かつ朝の測定ですので、
普段使いの環境よりも緩い状況となります。

アイドル状態なので当然といえば当然ではありますが、
この状況ではCPU温度は平均的に35度前後をウロウロしており、
ファン回転数も800rpm代と低く全体的に静かで良く冷えています。

〇ベンチマーク完了間近
無題2

ベンチマーク終了間近のデータです。

ファン回転数が1000rpmを超え、音も出てきます。
私はさほど気になりませんが、人によっては気になるかもしれません。

CPUの温度ですが、突発的なピークが65度近くまであがります。
ただ平均的なCPU温度は50度前後をウロウロしている感じでした。

この結果からの推測ですが、
晴れの日、かつ部屋が温まっている夜に測定したとすると、
最大で5度位はあがる可能性があります。

ただそれでもピークが70度前後、平均的温度55度位に収まりますので、
十分実用的だと思っています。

サイズの超天+鎌風は本当に良く冷えてくれます。

〇ベンチマーク結果
無題3

ベンチマーク結果です。

快適に遊べるスコアは7000以上ですので、それを大きく上回りました。
WQHDでの測定ですので、フルHDまで解像度を落とせば、
恐らく2万を超えてくると思います。

===

<DTM環境>

さて鬼門のDTM環境の安定性です。

こちらの記事に書いた通りですが、

CPU:Intel Core i7-4790K or Intel Core i7-6700K
M/B:AsRock H97M Pro4 or  Asrock Z97 Extream 6 or MSI Z270 GAMING PLUS
MEM:32GB
HDD:2TB×3
OS:Windows 7 Pro or Windows10 Pro

過去このような構成で、どうしても Cubase の ASIO Guard が安定して動かず、
iMacを買った経緯があります。

この時はAsRockとMSIのマザーボードかつ、
世代も古いパーツ類になりますが、はてさて今回はどうなるか…!?

結論から…!

ど・あ・ん・て・い・で・す!!!!!
やったあああああああああああああああ!!!

ASIO Guard がド安定で機能してくれます。
音飛びなどは一切発生しません。これはiMac売却確定です!

あの時が正常ではなかったと言えばそれまでですが、前回は、

・CPUとマザーボードを変更 ⇒ 直らず
・マザボ交換に伴いメモリもDDR3かDDR4へ変更 ⇒ 直らず
・ビデオカードをつけたり外したり ⇒ 直らず
・OSも何度も入れ直し ⇒ 直らず
・常駐ソフトも全くない状態 ⇒ 直らず

と八方塞がりでした。

今回何故安定したのかは正直わかりませんが、
メモリをXMP対応のもの、かつASUSが動作確認済みのものにした事と、
電源メーカを玄人志向 => サーマルテイクにかえた事の影響がありそうですが、
いまだはっきり理由はわかりません。

ただ直った事は事実!です。とてもよかったです。

===

<その他>

ケースの話ですが、SILVERSTONE SST-PS11B-W は、
安価なわりになかなか良くできたケースで気に入っています。

売価が売価なので細かな作りははっきり言って良くはないですが、
背面配線ができる事と、エアフローが作りやすい点がきにいっています。

今回エアフローは少しこだわって以下のようにしています。
4997401155032_07l
フロントを12cm x 2にし吸気でHDDを冷やすフローを作った事と、
下部にも12cm x 1 で吸気フローをつくり、
ビデオカードに当てる事で、熱だまり解消を狙ってみました。

結果、上にも書いた通りHDDは30度以下をキープできていますし、
鎌風は静音性も高いので、ファン3本にしてもさほど音も気になりませんので、
今回の変更は良かったと思っています。

あとこれは仕方ない事ですが、i7-8700K + GTX1080ですので、
空冷オンリーだとゲームをしている時の排熱はかなりのものです。
空調なしだと部屋がジワジワと温まっていくので、
夏場は速めにクーラー入れないとです(笑)

今はまだ変更はしませんが、あまりに熱いようであれば、
簡易水冷式のCPUクーラーに変更をし、
CPU温度をもっと抑え込んでみようと思っています。

===

色々かきましたが、今回の構成、大変満足しております!

<追記>
もう少し冷却効果を高めたいなと思い、
手元にあまっていた三洋電気のケースファン SF8-S2を背面に排気で取り付けました。
8cmファンという事と、14.8CFM程度の超静音ファン(最大10db)ではありますが、
取り付けるのと、取り付けないのでは大違いでした。
ピーク時のCPU温度が、70度から60度になんと10度もダウンしました。
これで吸気x3 排気x1という構成になりましたが、効果抜群で驚いています。

iMac Retina 5K BootCampでFF14をプレイする

iMac Retina 5K 27インチ最上位モデルで、
Windows10 Proをインストールし、FF14をベンチマークしてみました。

CPU:Core i5-7600K
VGA:Mobile Radeon Pro 580

というスペックです。

==本題に入る前に脱線です===

5Kモニタのため、5120 x 2880 ドットとなり標準だとアイコンが小さすぎるため、
スケールを 200%~250% にしておくとかなり見やすくなります。
※例では250%にしていますが、200%がちょうど良いかもしれません。

1

==本題です===

FF14ベンチマークの設定ですが、
Windows用の市販のゲームモニタの主力解像度と、
iMacに搭載しているGPU性能を考慮して以下の設定としました。

解像度:1920 x 1080 フルスクリーン
品質:高品質(デスクトップPC)


1920 x 1080にする事でスケーリングで画質が落ちるか心配でしたが、
そこは流石Retinaモニタですね。私には全く気になりませんでした。

1


ベンチマークの結果は上記のようになりました。
※左下が標準品質になっていますが、設定変更後にスクショをとったためです。

7000以上とれば快適にプレイができる目安になっている事を考えると、
かなり良いスコアではないでしょうか。

ただ2560x 1440等に解像度を上げるとベンチマークが極端に悪化します。
事実上1920 x 1080フルスクリーンが上限と考えて良いかと思います。

それとiMacでゲームをするにあたり、CPUファン回転数が全体的に低めに設定されている為、MacsFanControl(BootCamp用)を使い、以下のように設定しておくと安心だと思います。

2

CPU温度が80度になるとファンが最大回転数になるようにしています。
最大回転数になり2700rpmで回ると音が結構でますが、CPU温度はちゃんと下がってくれます。
※ゲーム中に80度を越える事はマレです。
ゲーム中は65度~75度くらいをウロウロしている感じになります。

やや高めの温度ではありますが、CPUの故障温度が100度だったように
記憶しているので壊れる事は無いと思います。
(Fusionドライブが40度近くになりますが、こちらも恐らく大丈夫でしょう)

====

こうして試してみると、iMac案外頑張っているなと感じました。
ヘビーなゲームは無理でしょうが、FF14が普通に遊べるレベルで動くのは驚きでした。

それとRetinaディスプレイの発色が特に素晴らしいので、
FF14のゲームの表現もかなりのものでした。
Retinaに慣れると、他のモニタは発色がきになってしまいます。

iMacの最上位市販流通モデルだと24万円位で、2年位で新モデルが出る周期ですが、
1つ前のモデルが買取で半値位の値段がつくので、
12万の出費で最新のRetinaモニタモデルが手に入る事を考えると、
iMacを買い替えて使っていくのも悪くない選択肢かもしれませんね。

と言いながら、最新物好きの自分の場合、次はきっとWindowsマシンを買うんだろうなぁ。

V6プラス(so-net)申込み ~IPv6 + IPv4 併用利用編~

V6プラスが開通して快適なインターネット利用をしていますが、
使えなくなる通信もあるため、それを回避する設定をしてみました。

我が家の環境は、NTTからレンタルされている
ホームゲートウェイ(RV-440NE)と、
購入したIO-DATAのWN-AX2033GRとなっています。

この2つをうまく組み合わせることで、
IPv6とIPv4を簡単に切り替えて利用できるようになります。

ただし、当然IPv4を使った通信にすると、
従来の遅いインターネットになるので、夜間の速度は壊滅的になりますが。。

<手順1>
まず物理的な配線からです。

ホームゲートウェイのLAN1と、
WN-AX2033GRの1番をLANケーブルで直結します。

次にホームゲートウェイのLANと、
WN-AX2033GRのインターネットをLANケーブルで直結します。

最後にWN-AX2033GRのスイッチをカスタムに変更します。

これで配線は完了です

1

<手順2>
次に、WN-AX2033GRにログインをし、
「インターネット」からPPPoE認証を選び、
プロバイダから指定されたIPv4用のPPPoE設定を登録します。

2

<手順3>
続けて「LAN設定」からIPアドレスを 192.168.1.2 に変更し、
さらにDHCPサーバーを「無効」に変更します。

3

<手順4>
今度はホームゲートウェイにログインをし、
「DHCPv4サーバ設定」から開始アドレスを 192.168.1.200 に変更し、
さらに割り当て個数を 54 に変更します。

※192.168.1.2 を割り当てしない様にすれば良いので、
その次の192.168.1.3 をスタートアドレスとしても問題はありませんが、
我が家は 192.168.1.200 をスタートにしています。

4

<手順5>
続けて「高度な設定」からPPPoEブリッジにチェックをつけます。

5

すべての設定を登録し終えたら、念のため ホームゲートウェイと、
WN-AX2033GRの電源を完全に切り、再度投入すれば準備完了です。

動作確認ですが、192.168.1.1 でホームゲートウェイの画面がひらき、
192.168.1.2で、WN-AX2033GRの画面がひらけば無事設定ができています。

==

実際にどう切り替えて使うかですが、例えばパソコンであれば、

無題

このように 192.168.1.200 より若い任意の番号をIPアドレスとして指定し、
サブネットマスクを 255.255.255.0 とします。

最後に 192.168.1.2 をデフォルトゲートウェイに指定し、
優先DNSサーバーを 192.168.1.2 とします。

このようにIPアドレスやデフォルトゲートウェイ等を手動設定すれば、
以後設定をしたPC、タブレット、PS4、Switch、その他など…は、
IPv4で通信する事ができます。

重要なポイントは 

「デフォルトゲートウェイ を 192.168.1.2 に指定する」

となります。

v6プラスに切り替えた事でIPv4でしか使えないサービス、
例えば、PS4のボイチャ等が使えなくて困っている方は、
ぜひお試しください。

V6プラス(so-net)申込み ~通信速度編~

v6プラスが開通したので、さっそく速度を測定してみました。

日時:2018年5月26日(土)22時頃
週末の夜間で最も混雑する時間帯と考えています。
測定結果の公平性を見るため、4サイト連続で測定しています。


1


2


3


速度測定システム Radish Networkspeed Testing

4

いずれのサイトも下り80Mbps~90Mbps、上り37Mbps程度出ています。

我が家はVDSL回線の為、最高速度「下り100Mbps」「上り40Mbps」が上限となります。

これまでIPv4時代にいくつかのプロバイダをためしましたが、
同時刻になると良くて30Mbps出れば速いほうで、
1桁の速度に落ちる事も多かった事を考えれば、
大幅に改善されていると言ってよいと思います。

v6プラスへの変更は、大成功だったと考えています。

===以下は妄想レベルの事をかくので、興味ある方へ===

ただし、この状態がずっと続くか?というと少し不安もあります。
というのも、v6プラスの回線が「今はすいている」から速いのは事実であり、
先々利用者がふえ、回線が混雑すれば遅くなってしまうリスクがあるからです。

とはいえ、フレッツ光がここ2~3年で急激に速度低下したように、
v6プラスも2~3年で急激に速度低下するかというと、
そこまでひどくはないと思っています。

というのも、個人推測ですが、以下のように考えているからです。

1)フレッツ光は網終端装置の混雑が原因ですが、v6プラスではその心配がない。
2)JPNEはKDDIが大きな力をもっているので、NTT系列のプロバイダが参入してくる可能性が低い。


v6プラスの会社に出資している企業
・KDDI株式会社
・日本インターネットエクスチェンジ株式会社
・ビッグローブ株式会社
・ニフティ株式会社
・株式会社朝日ネット
・アルテリア・ネットワークス株式会社

DS-Liteの会社に出資している企業
・株式会社朝日新聞社
・伊藤忠商事株式会社
・株式会社インターネットイニシアティブ
・エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
・株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
・株式会社NTTドコモ
・エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社
・株式会社エヌ・ティ・ティ ピー・シーコミュニケーションズ
・エヌ・ティ・ティ ラーニングシステムズ株式会社
・ソフトバンク株式会社
・日本電気株式会社
・ビッグローブ株式会社
・富士通株式会社
・株式会社毎日新聞社
・株式会社読売新聞東京本社

このような出資状況から考えて、
最大勢力のNTT系列のプロバイダは、DS-Liteへ移行すると思われます。

とあるサイトによると、プロバイダの会員数のランキングは、以下のようになっています。
(ドコモ光が入っていないので、真偽にやや疑問が残りますが)

1.OCN (NTT系列)
2.Yahoo!BB (ソフトバンク系列)
3.So-net (v6プラス)
4.BIGLOBE (v6プラスだが自社設備)
5.plala (NTT系列)
6.eo(電力系)
7.au one net(事実上au光専用)
8.@nifty(v6プラス)

赤字の2社は既にv6プラスに参戦済みです。

上記以外だと、ランキング外ですが、
JPNEの出資元であるAsahiNetが参戦して
人が少し増えるかも!?と思ったのですが、
AsahiNetは2018年4月より法人向けにIPv6 on IPv4を限定的に開始していますが、
v6プラス以外の仕組みという噂。
個人向けがどうなるかまだわかりませんが、影響はなさそうです。

一方で、上記ランキングにはインしていない名前の通った大手プロバイダは、
その多くがNTT系列である事を考えると、DS-Lightを選択する可能性が高く、
v6プラスの利用者が急激に増える事はないのではと思っています。

今後DS-Liteは加速度的に利用者が増える可能性はありますが、
v6プラスを利用するユーザは緩やかに増加するとみています。

という事で色々と書いたのですが、
v6プラスへの移行は、今のところ悪くない選択肢だと思います。

・・・と、ここまで書いておいてあれですが、万が一v6プラスが遅くなったら、
マンション暮らしのためNuro光を入れたり、au光を入れる事もできないので、
回線速度をあきらめるか、引っ越しを検討しないといけませんね(笑)
記事検索
最新コメント
アーカイブ