駄文置場

PC、ガジェット、音楽に関して自分が興味がある事をツラツラと書いていく駄文置場です。

V6プラス(so-net)申込み ~申し込み・開通編~

まず最初に v6プラス を申込するにあたって、準備しておくべき事があります。

それは、v6プラス に対応したルーターを手に入れておくという事と、
NTTが提供する「フレッツ・v6オプション(無料)」を申し込んでおく必要があるという事です。

ひかり電話を契約していれば、NTTからホームゲートウェイがレンタルされるので、
基本的には、それがそのまま v6プラス に利用できます。

RT-S300SEシリーズ
PR-S300シリー
RV-S340シリーズ
RT-400シリーズ
PR-400シリーズ
RV-440シリーズ
RT-500シリーズ
PR-500シリーズ
RS-500シリーズ

こちらが対応モデルです。

これより古いモデルがレンタルされている方は、
NTTと交渉し、交換を申し入れてみると良いと思います。

ひかり電話を使っていない、もしくは古いモデルがレンタルされていて、
交渉の結果交換できなかった場合は、市販の v6プラス 対応ルーターを買う方法もあります。

Buffalo、IODATAからは、v6プラスに対応しているモデルが発売されているので、
それらを購入するのが良いかと思います。

ちなみに私の場合、ひかり電話に申し込んでいるため、
NTTのホームゲートウェイがレンタルされています。
型番は対応モデルであるRV-440NEです。

===

前置きはここまでとし、備忘録としてso-netへの申し込み履歴を残しておきます。

今回はフレッツ光回線をそのまま残して利用するため、
「So-net 光 with フレッツ S (マンション)」コースに申し込んでいます。

<履歴>

5/21 AM7:00頃 オンラインでソネット新規入会申し込み

5/21 AM8:00頃 So-net 光 with フレッツ S (マンション)申込受付完了メール着信。
マイページの開設や、IPv4 接続用のID、メールアドレスなどが発行される。

5/21 午後頃?  マイページを見たら「申込送付済み」にステータスが変更。

5/23 深夜? マイページを見たら「ユーザコンサル中」にステータスが変更。

5/23 AM10:00頃 NTT東日本ISPコラボレーションセンターから電話着信。
so-netの申し込みについての確認でした。契約者名など情報を伝え1分程で問題なく終了しました。

5/24 PM5:00頃 マイページを見たら「工事待ち工事日確定」になっていた。
昨日、NTT東日本ISPコラボレーションセンターから電話があった事から、
NTTの工事に関する情報と想像をしました。
しかしながらv6プラスはJPNE提供なのに、なぜNTTで工事するの!?と不安になりました。

5/25 AM11:30頃 工事について不安になったため、
v6プラスはいつ開通するのか、ソネットサポートに問い合わせました。
すると、以下回答が得られました。

「新規入会」申込はソネットのIPv4サービスの入会受付のため「v6プラス」の申込みはされない。
v6プラスを利用する場合、改めてオプションサービスとして申込み手続きをする必要がある

との事。

えええ…このホームページから申し込みしたのですが、
この書きっぷりだと、新規でも同時にv6プラスが申し込めていると
勘違いすると思うのですが…私だけでしょうか(笑)
※2018/5/25時点のホームページなので先々判りやすく改定されるかもしれませんが。

冷静に整理するとつまり、マイページに記載のある工事は
予想通り「IPv4サービスに関する工事」との事。
つまり本日時点では「v6プラスは申込みされていない状態」である事がわかりました。

という事で、この時点で新規にv6プラスオプションを申し込みました。

幸いな事に、ホームページの記載によると最大3日以内に切り替わるとの事で、
そんなに待たなくても良さそうで安心しました。

5/26 AM11:30頃 インターネットがいきなり切断された直後、
ホームゲートウェイを見たら、PPPランプが消えていました。

もしや!?とソネットのホームページで確認した所、
無事 v6プラス に切り替わっていました。

ソネット入会を申し込んでから5日、
v6プラスオプションを申し込んでからわずか1日で開通
となりました

両方の入会をもっとスムースに行っていれば、
トータルであと2-3日は早く開通したかもしれません。

なお、本日時点ではソネットマイページ上では、
IPv4は「工事待ち工事日確定」のままですし
v6プラスも「申込中」のままです。

ですが、工事は先に行われて無事開通したようです。

なお、我が家のはマンションタイプのVDSLのため、
最速でも下り85Mbps程度が上限ですが、
夜間20Mbps~30Mbpsまで落ち込んでいたため、どの程度回復するか楽しみです。

後日測定結果をアップしたいと思います。

V6プラス(so-net)申込み ~勉強編~

現在某プロバイダをIPv4接続で利用しているのですが、
夜間になると、速度が落ちる・・・というよりも、
スムースな連続したデータ受信ができなくなってきました。

例えば動画サイト等をみていても、途中で止まってしまうとか、
ゲームをしていると一瞬動きがとまるといった感じです。

スピード測定サイトではかると22時半頃をすぎても50Mbps近くでているので、
速度的には問題がなさそうに見えますが、
連続した安定した受信がしづらくなっているような感じです。

という事で、V6プラスへの移行をしてみる事にしました。

・・と、その前におさらいからです。

無題

現状が1番左側の接続方式になっています。

速度が夜間低下している原因として推察される事としては、
測定サイトではかると50Mbpsでているので、
プロバイダそのものの回線には問題はなさそうという事。

一方で、それでも安定したデータ受信ができないという事になるため、
NTT側の設備の混雑が原因なのでは?と推測しています。

言い換えればNTT側の設備を回避した接続ができれば、
問題が解決しそう!という事になりそうです。

この事を実現するための方法は大きく3つあります。

1)フレッツ光以外のブロードバンド回線に切り替える(auひかり、Nuro光、電力系ひかり回線など)
2)ブロードバンド回線をあきらめて、ブロードバンドルーターを契約する(UQWimaxなど)
3)v6プラスにのりかえる

という3つ。

1)は魅力的なのですが、自宅の物理的な工事が必須で、時間もお金もかかる事と、
ひかり電話を使っているですが、番号がかわってしまうため断念。

2)はブロードバンド回線と比べれて遅いためパス。

という事で、今回は3)を選択しました。

環境的に 1)が許されるのであれば、比較的評判の良い、
Nuro光に乗り換えたかったのですが。。。残念。

さて、IPv6 サービスに乗り換えるにあたって、注意があります。
それは ”v6プラス”"DS-Lite" と呼ばれる、「IPv6 over IPv4トンネリング」に
対応したサービスを選ぶ事。

IPv6 over IPv4トンネリングについては、
素人の私が意訳してかくよりも、こちら を参照頂く方が良いかと思います。

現時点で AsahiNet や OCN のIPv6サービスは、
上図の中央の方式となっており、IPv6通信のみが高速化されており、
IPv4で接続する場合は、従来方式となるため高速化されません。
また、現状はIPv4での通信がまだまだ主流のため、
殆どのサイトの表示がおそいまま、という事になります。

さてこうしてかくと、v6プラス にすればなんでも解決!のように見えますが、
当然注意点もあります。

この事も詳しく書こうと思ったのですが、
とてもわかりやすいサイトがありましたので、そちらへのリンクをはっておきます。
移行を考えている方は読んでおくと良いと思います。

上記の技術的な面に加え、もう1つ。上図の1番右側に記載した通り、
v6プラス は、乱暴な言い方をすれば、プロバイダが VNE に切り替わったとも言えます。

つまり VNE の利用者がどんどん増えてくれば、
当然、VNE そのものが混雑しますので、回線速度は低下が懸念されるという事になります。
あくまでも、空いている今だから速いという点は抑える必要があります。

===

ここまで色々と記載をしましたが、
単にブラウザを見たり、ネット配信を見たり、動画を見たり、
一般的なメジャーなネットゲームをするという位の使い方でれば、
殆ど問題はないと思います。

その2へ続く。

Google Chrome用おすすめ拡張機能

高速ロード
下記で紹介しているDouga Getterの作者様によるアドオンで、
Chromeにおいて最大6つの分割ダウンロードを可能にするものです。
旧FirefoxのDownThemAll!と言っても良いと思います。

Douga Getter
ニコニコ動画エンコード用に動画を落とすために必須。

uBlock Origin
広告カットアドオンの定番ですね。

New Tab Redirect
Chromeは新しいタブを開くと履歴(サムネイル)画面が表示されますが、
この画面を開く事なく直接任意のURLを開くようにするための拡張機能です。

History Eraser
Chromeを閉じる時に閲覧履歴などを自動消去してくれる拡張機能です。 

急性低音障害型感音難聴

50歳まであと数年を迎えたある日、突発性難聴を突然発症しました。

今日現在治療中であり、まだ治っていません。

※ダラダラと毎日の事をつづっていたのですがほぼ意味がないので、
トピックスベースまとめなおしました。

○2017年6月5日:発症した日

朝起きると左耳の調子がおかしく、
今までよりも全ての音量が小さく聴こえました。
最初はよく理解できなかったのですが、
テレビを見ると、明らかに左耳の音量が半分位しかない事にきがつきました。

仕事の後、あわてて夕方医者へかかりました。
ティンパノメトリーと聴力検査をした結果、難聴を発症していると診断されました。

最初は強めのお薬で、という事で以下が処方されました。
後でしらべると、難聴治療の定番薬だそうです。

・ブレドニゾロン錠5mg「ミタ」  副腎皮質ホルモン剤 自律神経を整える。
・アデホスコーワ顆粒:1日3回1錠 めまい抑制 毎食後
・メコバラミン錠500μh「TCK」0.5mg:1日3回1錠 血行改善 毎食後
・ツムラ五苓散エキス顆粒(医療用):1日3回1包 利尿効果 毎食前
・チオスター錠:1日2回(朝夕)1錠 胃薬

○1週目

耳の状態はよくならず、更に悪化したように思えます。
聴力検査の結果としては以下のように少し改善しているといわれたのですが、
調子はとても悪いです。

IMG_0324

何となく不安になり、セカンドオピニオンにかかることをきめました。
大学病院ですが、治療方針はほぼ一緒でした。

再度、ブレドニゾロン錠を中心としたホルモン治療。
それにくわえて、イソバイドという飲むタイプの薬がでました。

・ブレドニン錠5mg 副腎皮質ホルモン剤 自律神経を整える。
・アデホスコーワ顆粒:1日3回1錠 めまい抑制、血流改善 毎食後
・メチコバール錠500μh:1日3回1錠 血行改善 毎食後
・イソソルビド内溶液70%分包30ml「CEO」:1日3回1包 利尿効果 毎食後
・ネキシウムカプセル20mg:1日1回(夕)1錠 胃薬

○2週目

聴力は戻っていません。なんら回復していないといっても良い状況です。
ネットで調べるとここら辺で回復しないとアウト!という記事をみて落ち込みます。

現状の聴力はこんな感じです。(イヤホンの左右を付け間違えたので入れ替わっています)

IMG_0338

○3週目

軽めに運動を始めたほうが良いという記事をみたので、
スピンバイクによる30分運動を始める事にしました。
何か変化があると良いのですが。


○4週目

ある日測定してみると、

IMG_0345

このような結果がでました。驚きです。良くなっていました。
このまま戻ってほしいと連日測定すると、

IMG_0347


基準の20dbを下回っていました。
嬉しくなってさらに連日はかります。

IMG_0348

やはり数値は上昇した状態をキープしてくれていました。良かった!

○6週目

実は耳の調子がまた悪く感じます。

この日は通院があったので医者で検査をしましたが、
残念ながら、また低下しました。40dbまで逆戻りです。
やはりうまくはいきませんね。あの2日前は夢だったのかと落ち込みます。

医師からは低音の難聴は頑張れば時間がかかっても治る可能性がある。
薬を飲み続けようと励まされました。

○9週目

あいわらず耳は悪い状態ですが、
この頃になって連日激しい頭痛もでるようになりました。
体調がすぐれないため、この週をもって1度スピンバイクの運動は中止しました。

頭痛といえば血行不良が大きな要因だと自分はかんがえていますが、
もしかして頸椎ヘルニア(頸椎ヘルニアも持っています)が影響して、
血行不良になると、頭痛と聴力低下がある?と考えるようになりました。
そこで頸椎ヘルニアの治療薬リリカを、少し増量して飲むことにしました。

○10週目

頸椎ヘルニアの痛みやしびれが軽減されるにつれて、頭痛はおさまりました。
やはり血行不良だったようです。

そして、血行がよくなると聴力が少し戻ったような感じがします。

そういえばネットで知ったのですが、
低音難聴の状態が簡単に判る方法を見つけました。


こちらのローリングストーンズの「Love Is Strong 」を聴いてみて、
ベースの音が聴こえれば好調というものです。

今は日によって、ベースが聴こえたり、聴こえなかったりですが、
恐らく少し前だと全く聴こえなかったはずなので、ちょっとは状態はよくなっている気がします。

私の場合ヘルニアと難聴が凄く連動しているのかもしれません。 

○12週目

本日は通院日で聴力測定をしました。
結果ですが、医療機関のちゃんとした測定で25dbまで改善していました。
確かにここの所耳の聞こえはよかったのですが、少し安心しました。

これといって特に何かをしたという事はないのですが、
自分の場合は兎に角安静にする事が一番のようです。

いまは上に書いたストーンズのベース音も
それなりに聞こえるようになっています。

あと10db・・・せめて回復してほしい。
もう少し戦いたいと思います。

○13週目

夢ちる。また悪化です。低音40dbへ急降下。
正直もうウンザリしています。
というか、たぶんそろそろ諦める時期なのでしょうね。
薬代も高いですし、なにもしない選択肢もあるのでしょう。
どのネット記事をみても、3ヶ月たって治ったなんていう記事はみかけませんし。

正直落ち込んでいますが、もう年齢も年齢ですしね。

そういえばこの週、頚椎ヘルニアの治療のため、
首にヘルニアの痛みを軽減するブロック注射をしました。

医師からは頚椎ヘルニアと難聴は関連性はないと言われているのですが、
私の場合、首の痛みが軽減すると、
耳鳴りやリクルーメントが減るという事が体感的にわかってきました。
片耳づつ塞ぐと、低音がまるで聞こえていない事にかわりはありませんが、
リクルートメントや耳鳴りがないだけでだいぶ気持ちは楽です。

○??週目 発症119日目

発症して何週間たったかとか、そういった事を考える事もやめました。
病院への通院もやめました。

今の状態は回りの人の話が聴こえづらい状況はかわりませんから、
恐らくは難聴を発したままなのだと思います。
一喜一憂して、聴こえた聴こえないという事を考えるのは少し疲れました。

低音難聴だからいつか治るよ、とお医者さんにも言われましたが、
治る人もいれば、治らない人もいるって事なのでしょう。

最近は聴こえない中での生活にもなれてきました。
そして痛感する事は、本当に人間はすごいという事です。

音楽は、両耳できくとちゃんと脳内で足りない音を補完して、
それなりに楽曲として聴けるようになりました。
耳鳴りやリクルーメント現象も、いつからか気にならなくなりました。
こういう体になってしまったのだから、付き合っていくしかない。
だから順応したよ!って、そういう事なんだと思います。

最後まで読んで、今低音難聴を患っている人は、
不安だったり悲しい気持ちになるかもしれません。

でも心配しないでください。殆どの人はちゃんと治っています。
そして、もし治らなくても、それなりに生活はできるという事です。

最後にこれだけはいっておきたい。

発症したら1分1秒でも早く医者にいってください。

特効薬はありません。でもやれる事をやって後悔のない治療を行ってください。

○??週目 発症345日目

この記事を最後に更新したのが2017年10月2日でした。
発症が2017年6月5日ですので、119日目の事ですね。
しかし、当時はやさぐれていますね(笑)

そして今日は2018年5月16日です。発症から345日が経過しました。

ほぼ1年ちかく低音がない生活を送っていますと、
これが普通に思ってしまって、何も違和感を感じなくなります。

耳鳴りも一切感じませんし、リクルートメントもありません。
ただただ、左耳だけ一部の音=低音だけが欠落している世界という感じです。

実は今日久々に記事を更新したのは、ちょっとした変化があったためです。

2日前(発症343日目)に、なんだか耳の調子が良く感じたので、
上にはってあるローリングストーンズのLove is strongを久々に聞いてみました。

すると右耳ほどはっきりではありませんが、かすかに”ベース音”がきこえるのです。

調子がわるかったころは、いくら音量をあげても、低音はスッカスカで、
ベースの音は何1つ聞こえませんでした。

でも、今はそれがごくわずかですが、聞こえるのです。

この事から推測すると、左耳の低温部分の聴力は、一定量回復していると想像されます。
もちろん、200日近く薬も飲んでいませんし、通院もしていないのですけどね。。

これはこれで喜ばしい事ではありますが、この先どうなるかわからないので、
一喜一憂せず、今はこんなかんじかと受け止めています。

また変化があれば追記しようと思います。

Android版LINEでキーボードがすぐ表示されない・文字入力が遅い・インライン変換が遅い・もっさりする事に対する対処方法

AndroidスマホのLINEにおいて、キーボードがすぐ表示されなかったり、
突然文字入力がが遅くなったり、インライン変換が遅くなったり、
さらには画面表示がもっさりする現象が突然発生しました。

その間にあった変化は BlueTooth のイヤホンを使い始めた という事。
もしや?と思いググってみると、やはりBlieToothイヤホンの使用開始が原因のようです。
という事で、対処方法を記載します。

※当方Android 8.0のため、スクショもAndroid8.0のものになります。

①設定から「セキュリティと現在地情報」を選択する
1

②「位置情報」を選択する
2

③「アプリレベルの権限」を選択する
3

④LINEの位置情報の権限を「OFF」にする
4

⑤1つ上のメニューに戻り今度は「スキャン」を選択する
5

⑥「Bluetoothのスキャン」を「OFF」にする
6

⑦ネットワーク設定をリセットしてみる。
Screenshot_20180624-153517


大ききは

1「LINEの位置情報を無効にする」
2「BlueTootheの位置情報スキャンを無効にする」
3「ネットワーク設定をリセットする」

の3点になります。

私の場合、2と3のみを実施したところ調子がよさそうです。
逆に1をやると不調のままでした。

注意点としては3はネットワーク関連の設定が、
すべて消えてリセットされますので、その点だけは十分ご注意ください。
記事検索
最新コメント
アーカイブ