駄文置場

PC、ガジェット、音楽に関して自分が興味がある事をツラツラと書いていく駄文置場です。

ANIMAX MUSIX 2017 YOKOHAMA | 横浜アリーナ 感想~裏編~

こちらは完全に毒をはきます。

内容としてはアニソンライブの雰囲気の事だったり、気になる事などなど。
数行よんで不快になったらブラウザバックを強く推奨いたします。

できればその前に表編も見て頂けるとうれしいです!
続きを読む

ANIMAX MUSIX 2017 YOKOHAMA | 横浜アリーナ 感想~表編~

ANIMUX MUSIX 2017 横浜アリーナ にいってきました。
実はアニメ系のライブは初参戦。WAG(Wake Up, Girls!)好きの知人に誘われて、でした。

ちなみに個人的にアニメは楽しんでみている作品もありますし、
OP/ED/挿入歌でよいなと思う作品もたくさんあります。
声優さんで応援している方もいます。

とはいうものの、ガチ勢かというと全然そんな事はなく、
グッズなどは買いませんし、全てのライブに参戦するなんてことはないですし、
シンプルにいうと、本当にちょっとだけかじった程度の軽くこじらせている人、という立ち位置です。

そんな自分目線の印象を”表目線、きれいな目線”でその1として書いてみます。

まずセットリストですが以下の通りでした。
※ANIMUX MUSIXの公式ツイッターでもつぶやかれています。

0 前座。開始15分前からアニカル部のメンバーによるトークと、
桃井はるこさんによる歌唱+アニカル部で優勝された素人さん(?)の歌あり。

ステージ証明が落ちて本番開始
オープニングClariS以外のアーティストが舞台順番にでてきて自己紹介。

1 GARNiDELiA「SPEED STAR」
2 GARNiDELiA「grilletto」
3 GARNiDELiA「アイコトバ」
4 南條愛乃「ゼロイチキセキ」
5 南條愛乃「光のはじまり」
6 TRUE「ふわふわ時間」/桜高軽音部(けいおん!)
7  Wake Up, Girls!×ミルキィホームズ「ゆりゆららららゆるゆり大事件」/七森中☆ごらく部(ゆるゆり)
8 JUNNA「Here」
9 JUNNA「Vai! Ya! Vai!」
10 羽多野渉「You Only Live Once」
11 羽多野渉「KING & QUEEN」
12 茅原実里「Brave Song」/多田葵(Angel Beats!)
13 やなぎなぎ×南條愛乃「一切は物語」
14 Luce Twinkle Wink☆「1st Love Story」
15 Luce Twinkle Wink☆「Fight on!」
16 井口裕香「RE-ILLUSION」
17 井口裕香「Shining Star-☆-LOVE Letter~Grow Slowlyメドレー」
18 TRUE×JUNNA「僕らの戦場」/ワルキューレ(マクロスΔ)
19 JUNNA×東山奈央「いけないボーダーライン」/ワルキューレ(マクロスΔ)
20 ミルキィホームズ「ナゾ! ナゾ? Happiness!!」
21 ミルキィホームズ「横濱行進曲」
22 ミルキィホームズ「正解はひとつ!じゃない!!」
23 angela「DEAD OR ALIVE」
24 angela「シドニア」 
25 angela「全力☆Suer!」

ここで1部終了。20分の休憩

26 Wake Up, Girls!「7Senses」
27 Wake Up, Girls!「タチアガレ!~極上スマイルメドレー」
28 Fo’xTails「GLITTER DAYS」 
29 Fo’xTails「The LiBERTY」
30 Fo’xTails×羽多野渉「メリッサ」/ポルノグラフィティ(鋼の錬金術師)
31 やなぎなぎ「光るなら」/Goose house(四月は君の嘘)
32 angela×茅原実里「1/3の純情な感情」/SIA SHADE(るろうに剣心) 
33 TRUE「UNISONIA」 
34 TRUE「DREA SOLISTER」 
35 ClariS「irony」 
36 ClariS「ヒトリゴト」 
37 GARNiDELiA「ラピスラズリ」/藍井エイル(アルスラーン戦記)
38 Luce Twinkle Wink☆「SAKURAスキップ」/fourfoliu(NEW GAE!)
39 ClariS「君の知らない物語」/supercell(化物語) 
40 every♥ing!「カラフルストーリー」 
41 every♥ing!「笑顔でサンキュー!」 
42 東山奈央「True Destiny」 
43 東山奈央「イマココ」 
44 やなぎなぎ「春擬き」 
45 やなぎなぎ「over and over」 
46 やなぎなぎ「here and there」 
47 井口裕香×GARNiDELiA「Believe」/Folder5(ONE PIECE)
48 Wake Up, Girls!「檄!帝国華撃団」/真宮寺さくら & 帝国歌劇団(サクラ大戦)
49 fripSide×三森すずこ「TESTAENT」/水樹奈々(戦姫絶唱シンフォギアAXZ)
50 三森すずこ「エガオノキミヘ」 
51 茅原実里「この世界は僕らを待っていた」 
52 茅原実里「みちしるべ」 
53 茅原実里「境界の彼方」 
54 fripSide「only y railgun〜sister's noiseメドレー」
55 fripSide「clockwork planet」 
56 fripSide「black bullet」 
57 fripSide「Two souls -toward the truth-」
58 「ようこそジャパリパークへ」/どうぶつビスケッツ×PPP(けものフレンズ)

2部終了、トータル約6時間30分程度(?)

概ね1アーティスト2~3曲(fripsideのみ4曲)という感じでした。
売り出し中の方や、少し前に中心にいた方などは2曲、
今のアニソンの中心にいる方は3曲。
fripsideはあきらかにエンディングに向けて盛り上げにきているので4曲。という構成ですね。
そして最後は出演者全員でのジャパリパークをやって、撮影をしておわり!という流れでした。

それと前座があったのはよかったかな、と思います。
おやおや?という感じでほぐれましたし、
全体的なバランスや構成としてはかなり良かったと思います。

中でもコラボや途中途中の企画はかなりよかったかな、と感じました。
アニメを少しかじった事がある方であれば知っているわかりやすい曲中心で、
会場の一体感もかなり出ていたと思います。

個人的には、JULIAと東山奈央がワルキューレを歌ったのは、
本当にうれしく思いました。(個人的にワルキューレは応援しているので!)

それとこれは”裏の方”でもちょっと書きますが、
ANIMUXはコールなどを良い形で導く動きをしていたと思います。

例えば、出演者数名からは、歌の前にコール練習が何度かあって、
安全に周りに迷惑をかけないコールの出し方を誘導していましたし、
上に書いたセトリの赤字がついている曲のうち数曲は、
「みんなで声出し!(だったかな?)」という企画になっていて、、
前方スクリーンにカラオケのように歌詞がながれ、
途中途中で”合いの手”や”PPPH”をこのタイミングでやって!というような赤字が追加で出る
ようになっており、それに合わせてみんなで声をだす!という企画になっていたのですが、
いわゆる過激なヲタ芸は入っておらず、周りに迷惑をかけず、
安心して楽しめるような上手な誘導をしていたように思います。
※もちろんPPPHといっても、本来のヲタ芸のPPPHではなく、
いわゆる屈んでジャンプをする程度の軽いものです。

という事で6時間本当に動きっぱなしでとても楽しめたと思います。
正直、かなり良い年齢ですが、来年も行こう!と思いました。

最後に、これがあったらなおよかったな!という点を書いておきます。

1つ目は、これだけ多くのアーティストと曲なので、正直知らない曲が結構ありました。
アーティストさんによっては自分で曲名を言ってくれる時もありましたが、
せっかく前にスクリーンがあるので、歌いだしの時に、
アニメのタイトルと、曲名位はでたらうれしかったかなと思います。
それがきっかけで、家にかえってからもう1度きいてみよ!ってなるかもですし。

2つ目は、ステージの使い方でしょうか。
横浜アリーナはアーティストさんがぐるっと一周まわれる構成になっているのですが、
殆どのアーティストさんは前のステージでずっと歌っている感じで、
移動がすくなかったように思います。
(もちろんあるにはあったのですが、もうちょっと動きがあってもよかったかな、と!)

ファンミーティングではないので、そこまでは必要ではないのかもしれませんが、
ちょっとしたそういうアーティストのファンサービスで、
新たなファン層が獲得できることもあるとおもうので。

という事で色々かきましたが、とても楽しめるイベントでした!

Firefox Quantumについて

Firefox Quantumがリリースされました。

速くなったという事なのでお試しで使ってみたのですが、
確かに速くなっており、起動時間などはChrome同等まで向上したように感じましたが、
ブラウジングをしていると、ややサクサク感にかける印象もうけました。

なぜかな?と思い調べてみる事にしました。

Speedtest

同じ
サーバーに対し、混雑していない早朝を選び比較テストをした所、
最大通信速度はChromeでもQuantumも大きな差はありませんが、
Chromeはpingが9msで飛ぶのに対して、Quantumでは25ms程度かかっていました。
恐らく、こういった事が原因でサクサク感がかけるのかもしれません。


その他、気が付いた点として、niconico のHTMLストリーミング視聴において、
Chromeではなめらかに再生できるのに対し、
Quantumはややかくついた印象がありました。

という事で率直にいえば、PCに関しては、Chromeを捨てて無理に乗り換える必要なし。
というのが、素直な印象です。

一方、Androidについては事情が違います。

Android上で動くブラウザで、まともな広告カットが使える無料のブラウザは、
firefoxしかない状況になっています。

iOSはsafariが広告カットのアドオンの作成を開放しており、
それに対応したアドオンが多数リリースされています。
アドオンそのものは有償なものが多いですが安価な買い切りであり、
それを購入する事で、わざわざfirefoxを使う意義は薄い状況です。

しかしAndroidの場合、広告カット付きのブラウザはそもそも数が少なく、
firefoxをベースにアドオンで広告カットを入れて有償化しているものや、
更新が殆どされないものが多く、有償であっても、
まともに動くブラウザは月額課金(使っている間延々コストがかかる)
状況となっており、事実上firefoxに頼らざるを得ない状況です。

噂レベルでは、2018年度をめどにAndroid版のChromeでも、
軽度な広告カット機能が付くという話もでていますが、
この出来次第ではありますが、少なくともそれまでは、
Quantumを使うという選択肢は有りだと思います・

よって結論ですが、PCではChromeを継続。iOSはsafari、Androidは、
Quantumというのが、
現状はもっともマッチしているように思います。

Mac + ESET で Chromeが繋がらないときの対処方法

Macを買ったらやっておきたい設定 に少し書いたのですが、
ESETのパターンが更新されると、時折何故かChromeだけが、
特定のサイトのみ繋がらなくなるため、予め除外設定しておく事がベストです。

症状としては、普通に繋がるサイトもあれば、繋がらないサイトもあるので、
原因の特定がしづらいのですが、ESETが悪さをしている事が多いようです。


名称未設定

こちらの図の通りとなりますが、以下の手順て対処をします。

1)ESETアイコンから「詳細設定」を選ぶ。
2)「全般」アイコンをクリックする。
3)”除外”設定をクリックする。
4)Webとメールを選び、除外を表示のプルダウンをさげて”アプリケーション"を選ぶ。
5)"Chrome"を除外設定に登録する。

通信プロトコル検査とChromeの通信の相性がよくないようですね。

Cubase 9.5 Proが発売されました。

Cubase 8 2014年12月3日発売
Cubase 8.5 2015年12月2日発売
Cubase 9 2016年12月9日発売
Cubase 9.5 2017年11月15日発売

例年12月頃に発表されていたCubaseのバージョンアップですが、
今年は3週間ほど早く、いわゆる”お布施”の時期がやってきました。

事細かなバージョンアップ内容は大手のレビューサイトに記載されているので、
私のような素人は書きませんが、歌ってみたmixをする自分にとっての大きな変更点は2点あります。

1)プラグインが最大16本までさせるようになり、
かつプレ・ポストの位置を任意に設定できるようになった。


これは本当に嬉しい修正です。今までは6本がプレ2本がポストで固定でしたので、
実質6本で作業をする事が多かったのですが、基本ギリギリ足りる状態ではあるものの、
加工系などが入ったりすると、時々1〜2個ポストに入れなくてはならず、
渋々ルーティングを作って対応していたケースもありました。

しかし今回は最大で16本すべてをプレに当てる事もできるようになりました。
流石に16本さすという事はほぼありませんが、自由度はかなり高まったと思います。

2)エンジンが刷新された。64bit floatに対応した。

正直なところ64bit floatに対応したといってもプラグインは殆ど32bit floatまでのようなので、
この事自体は気分的なものかな?と思ったりするのですが、
Cubaseのエンジンそのものが刷新されており、
こちらが影響しているのか、音の解像度はとてもあがったように思います。
プラセボかもしれませんが、自分にはとても良い音に聞こえるようになりました。

前々からStudio Oneの音とCubaseの音には少し解像度に差を感じていたのは事実ですが、
今回のエンジン刷新で差は無くなったように思います。

===

アップデートコストは¥7000+税でしたが、例年は¥10000位だったきがするので少し安いですね。
そして安くなった割には、エンジンも刷新されており、お得感の強いバージョンアップだったと思います。
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
アーカイブ