Cubase9.0Proを使い、かつASIO Guardを有効にしたまま作業を進めると、
「プチン」という音飛びが不定期に発生する問題に悩まされています。

レイテンシを詰めすぎると、バリバリという感じで音がおかしくなりますが、
それとは全く別の症状で、電源系のノイズのような「ブチン」というノイズが、
ミックスしている作業中のデータを再生し、確認していると不定期に発生するというものです。

少なくとも判っている事としては、
トラック数が増え、プラグインの数がふえて、
ASIO Guard OFFだとCPU使用率が時折100%に達するような
重たい状態になると発生するという事です。

本来はこういった重たいプロジェクトでも、
CPUの空きをうまく利用して、音飛びを防ぐ機能が
ASIO Guardなのでは・・・と思うのですが、
それがちゃんと動かない状態ですので、大変に困っています。

ちなみにASIO GuardをOFFにすると、不可解な音飛び現象は解消されますが、
上に書いた通り、重たいプロジェクなわけでまともに再生できません・・・。

それともう1つ気が付いた事があります。
ASIO GuardをONにすると、はっきりと判るほどにモニタリング音が劣化するという事です。
具体的には、音量が少し下がり、篭ったような音になります。

ASIO GuardをOFFにすると、モニタリング音があきらかに明瞭になりますので、
こちらもかなり大きな問題です。
というか正しく音が聞こえないわけですので、こちらの方が問題かもしれません。

いずれにせよ、Cubase 9 Proは私の環境ではうまく動作しません。

ちなみにSonarやStudio Oneも所有していますが、これらでは一切発生しませんので、
OSが不調という事は少し考えづらい状況です。

===

この件については、以下の通り色々とトラブルシューティングもしてみました。

まず手持ちのパーツ類や、別のPCからパーツを移植したりして、
とっかえひっかえして構成を変更し試してみました。

<システム状況>
CPU:Intel Core i7-4790K or Intel Core i7-6700K
M/B:AsRock H97M Pro4 or  Asrock Z97 Extream 6 or MSI Z270 GAMING PLUS
MEM:32GB
HDD:2TB×3
OS:Windows 7 Pro or Windows10 Pro

上記のいずれの組み合わせでも、すべてで発生します。

あわせてそれぞれ以下のようなBIOS変更や、OSの設定変更も試みていますが、
これも効果がありません。

・EIST / IST / C-step / TurboBOOST / HT をOFFにしてみる。
・電源管理を高パフォーマンスにしてみる。
・バックグラウンドサービスに切り替える。

ではドライバの組み合わせがわるいのでは!?と思い、
色々入れてみましたが、これもダメ。

・各メーカ提供のドライバを入れてみる
・マザーボードメーカ提供のドライバを入れてみる。
・Windowsの自動インストールドライバを試してみる。

もはや打つ手なしな状態で、最後にスタインバーグに問い合わせた所、

・Cubase付属のプラグインだけのデータでしたら検証します。

という素っ気ない回答。
サードパーティのプラグインなしで検証してもらっても意味がないので諦め。

最後の手段は、Studio OneやSonarに乗り換えるか!しかないのですが、
そもそも、使い勝手が悪くてCubaseを使っている経緯があり、
そういうモチベーションには至らず・・・。

ちなみに知人の家にプロジェクトをもっていき、Macで試したら何の問題もなかったので、
我が家のWindowsマシンだけが問題をおこしている事は確かです。

本当に困ったものですが、解決する糸口がみえないので、
いずれMac購入も本格的に検討せねば・・・と思っています。