Windows10では、手動でシステムの保護の保護設定を無効にしても、
いつのまにか有効にもどっている事があります。

恐らくWindowsUpdateがかかる度に、
この設定が有効になるよう書き換えられている事を疑っています。

システムの保護は、バックグラウンドでかなり激しくSSD or HDDにアクセスしますし、
記録媒体の寿命に良い影響を与えているとは思えず、
また、保存容量もそれなりに増えていくので、完全に停止させてみます。

===ここから===
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows NT\SystemRestore]
"DisableConfig"=dword:00000001
"DisableSR"=dword:00000001
===ここまで===

メモ帳に上記の内容を記載し、保護無効.reg などの名前で保存し、
管理者権限でログインしてダブルクリックをします。

以上で、


aaa

このように完全に無効に変更されます。
こんなものいらない!という方は是非おためし下さい。

備考ですが、再び有効にしたい場合は、

===ここから===
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows NT\SystemRestore]
"DisableConfig"=dword:00000000
"DisableSR"=dword:00000000
===ここまで===

こちらを 保護有効.reg などの名前で保存し、
管理者権限でログインしてダブルクリックをします。

最後にお約束ですが、レジストリを変更する作業となります。
当方、windows10 creators update、windows8.1 pro で動作確認はしていますが、
自己責任で行ってください。