Windows10環境でWOL環境を構築したのですが、スリープしてから一定時間(30分位?)が経過すると、WOLでPCが起きてくれなくなる現象に遭遇しました。その際に行った対応の備忘録です。

<症状>
・スリープした直後であれば問題なくWOL出来る。
・スリープしてから一定時間(30分位?)するとWOL出来なくなる。
・該当PCのキーボードやマウスを直接動かせば問題なくスリープが解除される。
・該当PCのタスクマネージャでアプリからスリープ解除をしても問題なく解除される。

<原因>
・ルーターがarpキャッシュを一定時間でリフレッシしている事が原因。

〇arpキャッシュに該当PCの情報が保持されている。
〇arpキャッシュがリフレッシュされる。
〇該当PCはスリープしていてネットワーク上で見えなくなっている。
〇該当PCのMACアドレスなどの情報が取得できない。
〇結果arpキャッシュから該当PCの情報がなくなる。
〇WOLができなくなる。

という事が理由になります。

<対応方法>
・マジックパケットをネットワーク全体にブロードキャストするソフトウエアを入れる(用意する)。

〇ローカルPCからの場合
1)GUSUKU様作のフリーウエアWake on LAN for Windowsを使い、対象PCがスリープする前にネットワーク情報を記録しておき、MAGICパケットを飛ばす。

2)Remote UtilitsのWOL機能を使う。遠隔リモートソフトの中でも、かなり簡単にWOLができるアプリだと思います。

〇リモートPC(外部)からの場合
ポリシーとしてルーターに穴をあける事はしないとしています。

1)Raspberry PIにAnydeskをインストールし更にetherwakeをインストールして起こす。Raspberry Pi3 Model Bを24時間起動にする必要がありますが、ピーク時の負荷は2~3W程度ですので気にせず使う事ができると思います。

設定が終わった後はAnyDeskでリモートログインした後、ターミナルを開き「sudo etherwake -l eth0 相手のMACアドレス」等で起こせます。-l eth0は現在LANが繋がっているインタフェース名を指定しますので、環境によって異なります。ifconfigで確認して指定してください。なお、インストール方法はこちらの記事の3)を参照ください

2)QNAP NASにVirtualization Stationをインストールし、Ubuntu MATE等を動作させた上でRaspberry PIと同様にetherwakeで起こします。詳細の設定方法などは割愛します。

余談ですが raspberry pi に teamviewer をインストールする事も試みたのですが、動作安定度が低く、当方環境ではフリーズが多発したため今回は採用しませんでした。

===

上記の設定が完了した後は、該当PCに対しWOLの設定を行います。難しい所はありませんが以下は当方で設定した時の内容です。

<大前提>
〇マザーボードのBIOSでWOLの設定を有効にしておきます。
AsRockのマザーボードの場合、[Advanced]>[ACPI Configurarion(ACPI設定)]の[PCIE Devices Power On(PCIEデバイス電源オン)]を有効にしておきます。

〇メーカから提供されているドライバをいれておきます。
INTEL INF driverや、LAN driver、VGA driver、ME driver等を全ていれておきます。

〇今回はSSDの延命目的もかねてハイバネートファイルを削除しました。

===

1)電源オプションを開きスリープ時間を設定します。今回は5分としました。
1
2)管理者コマンドプロンプトを開き powercfg.exe /hibernate off と打ちます。その後PCを再起動します。これにより「ハイバネートファイル」が削除されます。「高速スタートアップ」と「スタンバイ」が無効になりますが、SSDへのアクセスが減るためこのような設定をしています。
2
3)再度管理者コマンドプロンプトを開き powercfg.exe /a と打ちます。S3のみが有効になっており他が無効になっている事を確認します。
3
4)念のため電源オプションを開き赤枠2つだけの表記になっている事を確認します。
4
5)NICのプロパティの電源の管理を開き赤枠をチェックします。
5
6)NICのプロパティの詳細設定を開き赤枠の2項目を両方とも有効にします。今回はINTEL NICの例なのでREALTEK等他のメーカは表記名が多少異なると思います。
6
7)電源オプションを開きスリープ解除タイマーが有効になっている事を確認します。
7
この設定で我が家では安定してWOLの環境が構築できています。以上参考になれば幸いです。