駄文置場

PC、ガジェット、音楽に関して自分が興味がある事をツラツラと書いていく駄文置場です。

2010年01月

Google Chrome 4.0

http://googlejapan.blogspot.com/2010/01/google-chrome-40-web.html?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+GoogleJapanBlog+%28Google+Japan+Blog%29

Google chrome4.0の正式版がリリースされたようです。
これによって、Extensionsと呼んでいるブラウザ拡張機能が搭載される事になります。
Firefoxのadd-onみたいなものですね。

ただ、まだまだExtensionsの数も少ないし、一日の長があるFirefoxのadd-onにはまだまだ敵わないですね。
前にも何処かで書いたような気もしますが、ブラウザそのものは軽くて描画も早いので、
Extensionsの充実次第では、Firefoxを脅かす存在になるかもしれません。

調査

024c0660.jpg


本日あたったラグ解除を目的とした、/useability 変更パッチの影響を調べてみました。
まず、アーツは最大で4つまでしか動作しなく(配置しても意味なく)なった模様です。(たぶん)

発動順番は、

・1番
・1番がリキャスト待ちの時に4番目
・1番、4番がリキャスト待ちの時に2番目
・1番、4番、2番がリキャスト待ちの時に3番目

という事のようです。

ただし、例えば1番目をキャストすると通常は一定のリキャスト時間があるので、
続いて4番目が発動するという所まではOKなのですが、
4番目が発動したときに、すでに1番目のリキャスト終わっている場合は、1番目が発動してしまいます。
でもって、4番目が続けてリキャスト解除になっていると、4番目が発動してしまいます。

つまりは、並べ方を間違えると折角4つのArts/Spellをまとめマクロとして置いても、
2番目、3番目は永遠に発動しない事になります。

という事で、今までまとめマクロを作っていたかたは、発動順番がどうなっているか、
すべてのArts/Spellが発動しているか、確かめた方が良いかもしれません。

えええええええええっ

SOEさん、そりゃないですよ・・・という話がチラホラ。

まず、こちら現実問題として。

http://forums.station.sony.com/eq2/posts/list.m?topic_id=468125

/useability コマンド死亡。つまり、カスタムUIやらのクリッカブルキュアの死亡を意味します。
これからは、手で押せ、と。

私がパッチ内容を勘違いしていたようです。マクロからの/useabilityは動作します。
つまり、今後も問題なくUIからクリックしてキュア可能です。
どうやらお手製マクロに大量にコマンドを仕込んでいると動作しないようです。
あわせて長時間AFKすると、自動でログアウトする機能も盛り込まれる模様。
米国では既にパッチ済みで、日本は恐らく明日、1/29に適用されると思われます。

http://eq2wire.feldoncentral.com/2010/01/26/closing-the-book-on-void-shards/

加えて、グレーミッションでのシャードゲットもNerf検討されている模様。
まあ、こちらは仕方ないといえば仕方ないのですが、さくっとAAを上げるには良い方法だったのですけどねえ。
グレーミッション完了はOKとして、シャードがもらえないというような手はなかったのでしょうか、とほほ。

SuperCell

まぁ私的には超いまさらなのですが、Super Cell最高っす。
ただの、ニコニコ動画 or アニソン楽曲集団と思うなかれ。
レンタルCDでも良いと思うので、ぜひぜひ視聴を。

ツタヤの回し者じゃないですよ(笑)
http://www.tsutaya.co.jp/search.html?ss=&k=supercell

Office2010

つい先日Google 日本語入力が発表されましたが、
ジャストシステムからは近日中にATOK2010が、そしてマイクロソフトもOffice2010を開発中で、
このOffice2010には、MS-IME2010という最新版の日本語入力ソフトが添付されるようです。

Google日本語入力はGoogleのWEB検索で収集した情報?を元に変換を行うので、
人名、地名、商品名などの、固有名詞には比較的つよいのですが、それ以外の変換精度はまあ普通という所。

一方でATOK2010はまだリリースされていませんが、ATOK2009の巷で聞く完成度の高さと評判を考えると、
おそらく最強レベルの変換精度とは思うのですが、いかんせん有料でお高い。

で、ちょっと期待しているのがMS-IME2010。

現時点でOffice2010はβなので、当然MS-IME2010もβなわけですが、
どの程度の完成度なのか!さっそく確かめてみようという事で、
Office2010をダウンロードして、MS-IME2010入れてみたわけですよ。

レビューはですね、えらい人が書いているのでそちらを参照ください(笑)

レビュー記事にかいてありますが、なかなか賢いようです。
今後まだ改良される事を考えると、MS-IME2010は結構期待できるかも。
はやいところ製品版リリースされないかなー。

ちなみにOffice2007に添付しているMS-IME2007は、
体験版であってもIMEだけは期限無しで無限に使える太っ腹でしたが、
Office2010では有効期限ついちゃうのかなあ。
ぜひ、IMEの有効期限はOffice2010でも設けない方向でお願いします!
記事検索
最新コメント
アーカイブ
livedoor プロフィール