駄文置場

PC、ガジェット、音楽に関して自分が興味がある事をツラツラと書いていく駄文置場です。

2011年05月

QUAD-CAPTUREでニコ生ステミキ

RolandのQUAD-CAPTUREを購入しました。

最大の特徴は、標準でmix機能をもっている事につきます。
これによって、従来発生していた擬似ステミキのラインノイズ(ジーという嫌な音)から開放され、
きれいな音でmixすることができます。

下位製品でmix機能をもっているTRI-CAPTUREという製品もあるのですが、
生放送用だけにつかう!!と割り切って使うならば良いとおもうのですが、
MIXで音楽作業もやる自分にとっては、そもそもの基本性能が足りていないのでパスしました。
という事でQUAD-CAPTUREを購入したので、ニコ生で使う方法のご紹介です。

例によって、Windows7 64bit or 32bit環境のみでの検証になりますので、
他のOSで利用可能かは不明です。

あ、あと。

QUAD-CAPTUREにはリバーブはないので、折角ならリバーブもかけちゃいたいですよね。
という事でこちらもなんとかしたいとおもいます。

★事前に必要なソフト

1)Cantabile Lite
2)MVerb

★設定:サウンドのプロパティ

再生を1-2、録音をMAINをデフォルトにします。

再生

録音

★設定:本体のスイッチ

こんな風につまみを合わせます。MIXのスイッチは、最初はPLAYBACKに完全にしておいて、
少しづつINPUTにずらしていくと良いと思います。
(自分は、PLAYBACKからINPUT側に、3メモリか4メモリ目がちょうどいいかんじでした。)

9862efc0.jpg


★放送設定

FMEのオーディオ部分はこのような MAIN を指定する

えふえむいー

★リバーブをかける

使い方は水がおいしい様に詳細がかいてあるので参照ください。

~~

以上で、ニコ生でもばっちり使えるQUAD-CAPTURE。
値段はそこそこしますが、出音もわるくないですし、個人的にはかなりオススメですよ!

CREATIVEのサウンドカードで正しく歌ってみたを聞く方法

使っていなかったCREATIVEのサウンドカードをPCにつけて、ニコニコ動画で歌ってみたを聞いてみました。
(私の手持ちはX-FiGOというUSBタイプです)
そしたらびっくり(笑)ひっどい音になりますね。なにこれ・・・。

具体的に「ひどい音とは」というのは、Creativeのドライバ側で、
リバーブのかかり具合と、左右の広がり感が強制的に変更されて、
MIXバランスが滅茶苦茶になります。


原曲ぶち壊しでひどいです、最悪。

という事であまりにもびっくりしてイライラしたので、
原曲に忠実な音で聞けるようにさっさと設定を変更してしまいました。

あ

具体的には、Windows7やWindowsVistaの場合、コントロールパネル → サウンド → 再生 → スピーカー と開き、
上記のような画面がでたら、「Sound Blaster」タブをひらいたうえで、上にある、

「Sound Blasterの効果を無効にする」

にチェックをつけるという事になります。
*表示される内容なドライバのバージョンや持っているサウンドブラスターによって異なります。

ちなみにこれ何かというと、主にゲームで遊ぶときに左右の広がりや臨場感をだすための機能であるため、
純粋に音楽をきく(加工せずにきく)という事には、大変不向きな機能です。
つかもっといってしまえば、まったくもって不要です。

という事で、ゲームをやらない間は余計な機能はoffにして、原曲どおりの音をきいてみる事を強くおすすめします。

大量にどっさりと買った。

前に書いたとおり、夏のボーナスでPCのリニューアルを予定しているのですが、
まだボーナスももらっていないくせに、注文しちゃいました・・・。

CPU Core i7-2600
CPUFAN グランド鎌クロス←大きすぎてとりつけるとスロットをつぶすため、実質つかえませんorz 買い替え予定。お金無駄したー涙。
M/B MSI-Z68MA-ED55
CASE Precision SST-PS06B-WA
モニタ W243D
オーディオI/F QUAD-CAPTURE

計約10.5万円也

これに現状使っているパーツをsofmapに買取してもらう予定で、
合計2万円位にはなるはずなので、実質8.5万円という所でしょうか。

確か今のPCをがっつりくんだのが2009年だったとおもうので、
総取替えは約2年ぶりです。

今回のパーツ類は、自分の中では結構こだわってパーツを厳選したつもりです。

★CPU
CPUはパワー重視なので、Core i7にしました。
オーバークロックしないので2600Kはやめて2600にしています。

★CPUファン
こちらは静音性重視です。上にかいたとおりオーバークロックはしないので。

★マザーボード
現状MSIのマザーボードを使っていて、物凄く安定していることから、
引き続きMSIにしました。
マザーボードは、Asus / GIGABYTE / MSIが大手3社になっていますが、
ASUS と GIGABYTEは本当に良い思いでがないので、どうも敬遠しがちです。
(特にGIGABYTEとの相性は自分は最悪です(笑))
今回かったものはM-ATXですが、ビデオカード位しか差さないので拡張性は全く気にしていない事と、
上位モデルと同等の製品特徴をもっていますので(DrMOSやActive Phase Switchingなど)
下位で良いなと考えました。

★ケース
いまSilverStoneのRAVEN(2代目)を使っているのですが、
とにかくでかいので、正直邪魔でした(笑)
ただ正圧設計は魅力的で、本当にケース内にほこりが入りづらいです。
なので、正圧設計でよりコンパクトなSilverStoneの下位モデルにかいかえました。

★モニタ
単純に広い画面がほしかったというのが1番の理由で、1920×1200ドットを選びました。
で、1番やすかったから(笑)
あとから知った副産物ですが、消費電力がめっちゃ低いですね。たったの35W。
最近ではモニタも65W~100W位使う物が多いのでとても優秀です。
結果、良い買い物できたとおもっています。

★オーディオインタフェース
ここは最後まで悩みました。RolandのUA-4FXで痛い目をみているので、
またRolandを買うことにはためらいもあったのですが、
レビュー記事などを見る限りでは、値段とスペック、
そして性能のバランスがとても良いので、おもいきりました(笑)
3万円以下で、dspルーティングをもちつつ、USB2.0対応であったり、
24bit/96khz以上がつかえたりという事で絞り込んでいくと、
このモデルくらいしか無い!という感じなんですよね。
とにかく出音が良さそうな事と、レイテンシを低くたもてるのというのが、
現状自分にとっては優先度がたかいので、期待通り動いてくれればよいのですが(笑)
失敗したら、きっとBLOGで嘆きます(笑)

という事であさっぱらから注文完了。
はやければ明日から届きはじめるはず!という事で、たのしみにしてます。

夏の物欲

1世代前のCore i7-860を使ってきたのですが、
夏のボーナスも近くなってきたのでそろそろ物欲妄想中です。

一応現時点の物欲リストは以下のとおり。

・2世代目 Core i7 (2600Kが候補) + CPUファン (グランド鎌クロス) 3.0万
・Z68チップセット搭載のM/B (Z68MA-ED55が候補) 1.5万
・WUXGA(1920*1200)のモニタ 2.5万
・PC Case SilverStone Precision SST-PS06B-WA 1.2万
・余裕があれば出音のもう少し良いオーディオI/F 4-5万

予算をなんとか10万以内でとおもっているのですが、
今のパーツを下取りにだせば、2.5万円くらいにはなりそうなので、
オーディオI/Fを買う買わないしっかり判断すれば、
予算内でおさまる感じです。

ミックス作業をしていると、どんどん高性能なPCがほしくなってきます。。
今の21型(1920*1080)では、画面が手狭になってきましたし。

ほしいものいっぱいでこまったもんです。。

au Wi-Fi SPOT

auの夏モデル発表のときに、au Wi-Fi SPOTのサービスが発表されました。
利用にあたっては、au指定のスマートフォンを利用している事と、
定額パケットに加入している事が必要で、利用料金は無料との事。

http://www.au.kddi.com/au_wifi_spot/index.html
http://gigazine.net/news/20110517_au_wifi_spot_kddi/

規模としては10万基地局を作るという事ですので、
現在最大のWi-Fi SPOTを提供しているNTTのフレッツSPOTが1万程度ですから、その10倍。
設置場所次第では、かなりのエリアが網羅されそうなきもします。
カフェやレストラン、商用施設の中に設置する事がメインなのか、
屋外に設置する事がメインなのか。これでも随分と使えるエリアは違ってきます。
数も大事だけど、設置場所もねという感じ。

自分も既存のWifiSpotサービスは結構利用していた経験があり、
NTTフレッツスポットも、ソフトバンクのやつも、livedoorのやつもといろいろためしたのですが、
6000~9000程度の基地局数だと、ほとんど入らないと思って間違いありませんでした。
というのも設置場所が駅の一部(改札口付近だけ)とか、マクドナルドの中だけとか、
非常に限定的なエリアのみで利用できる感じでしたので、
歩いていて電波をつかんだ!という事はほぼありませんでした。
なので、数を10倍にふやしたとしても、設置場所を厳選しないと使い勝手が良いとは感じないかも。
大きな都市の繁華街あたりは設置してほしいですけどねー。

サービス利用をスマートフォンからに限定していますが、
auはテザリングを比較的におおっぴらに開放しようとしていますので、
PC経由でWifiスポットを利用するなんて事も考えているんだと思いますが、
基地局の規模と設置場所によっては結構面白いサービスになりそうな気はします。

まあとはいえ、NTT docomoの回線安定性は群を抜いているので、
UQ Wimax + au WifiSpot + au通常網でどこまで対抗できるかという感じになっちゃうんですけどね。
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
アーカイブ