駄文置場

PC、ガジェット、音楽に関して自分が興味がある事をツラツラと書いていく駄文置場です。

2011年07月

モニタースピーカー(VL-M3)レビュー!?

VL-M3が到着したので簡単にレビューを。

まず大きさから。
すぴか
こちらにある通り、CDケースより少し大きい位ですので、サイズは非常にコンパクトです。
ちょっとしたスペースがあれば接続可能と思います。

裏面にボリュームがあるのですが、自分は9時位の位置に設定しています。

12Wのアンプを内蔵していますが、スピーカーサイズも見ての通り小型ですので、
大音量で鳴らすよりも9時位の位置(出力でいうと4W程度)で鳴らす方が、
無理がない音がなります。
あまり大きな音をならすと、ウネリというか少し無理な音がでます。
ただ、小音量視聴は想像以上に悪くないので、まさにマンション向き?かも(笑)

あと3インチ(7.62cm)のフルレンジの1WAYスピーカーですので、
低音・高音がドンシャリ来るかといえばそこは期待できないのですが、
思ったよりも定位がよく、オケとボーカルのバランスを見るには十分です。
ただあくまでもモニタスピーカーですので、
ゲームや音楽視聴には向いていません。(自分は向いていないと思う。)

値段を考えれば満足度は高いのですが、
不満をいうとすればスイッチ類がすべて裏面という事。

せめてスイッチとボリュームは前につけてほしかったのですが、
この容量の筐体で音の響きを考えると、
どうしてもレイアウト上難しかったのでしょうね。仕方ない所です。

・・・と、不満がないわけではないですが、正直思ったよりよかった!というのが素直な感想です。
この小ささでここまでなるんだーという印象。

高音質のヘッドフォンや、大容量の大型スピーカーに慣れている方には、
物足りない音かもしれませんが、結構なってくれるので満足しています。

心のそこからオススメ!と言い切るには少し不安もありますが、
悪くない物ですので、店頭で音をきいて気に入ったら買ってみるのも有りと思います!

歌ってみたの録音環境やソフトについて

★歌ってみたの録音環境やソフトについて



*録音するためのマイク(ボーカルマイク)について

■参考に3つのマイクをご紹介します。

ATX112
○audio-technica AT-X11(2,500円程度)


OM3
○AUDIX OM3(8,000円程度)


NT1A
○RODE NT1-A(16,000円程度)


NT1-Aはニコニコ動画でも使っている方も多くいらっしゃるコンデンサマイクという種類のマイクで、
非常に良い音で録音できるのですが、値段もそれなりに高額となりますし、
扱いや保管方法にも気を使うマイクです。
なので、ある程度慣れて、もっと良い音で!となってから購入した方が良いと思っています。

最初はAT-X11 か、予算に余裕があれば OM3 あたりから初めてみると良いと思います。
(他にも、安価で良いマイクは沢山あります)



*PCにマイク音を取り込むための装置(インタフェース)について

XFIGOPRO
○X-FiGoPro!(3,500円~4,000円程度)


43414da6.jpg

37447f86.jpg

○US-122mk2 or US-144mk2(11,000円~17,000円程度)


7289c5eb.jpg

○UA-55(25,000円~30,000円程度)


上記のうちX-FiGoPro!は、
厳密いえばインタフェースではなくサウンドカードです。

そのため、下の3つ(US-122mk2、US-144mk2、UA-55)とは、
根本的に用途が異なる製品です。

今回紹介したのは、AT-X11のような安価なダイナミックマイク用のインタフェースとして、
入門用として購入するには悪くない物であるため、です。

そのためOM3やNT1-Aなど本格的なマイクを買う場合は、
マイクの性能が活かせず勿体無いので、インタフェースも是非購入しましょう。
(マイク同様上記以外にも、歌ってみたで使えるオーディオインタフェースは沢山あります)

さらに、US-122mk2/US-144mk2/UA-55など、
オーディオインタフェースを購入した場合は、必ずXLRケーブルも一緒に買いましょう。
両方が3ピンのオス・メス端子になっているケーブルです。

11c77f98.jpg

○XLRケーブル(安い物は数百円~)



*録音ソフトについて

注1)外部のサイトにすばらしいドキュメント類が揃っているので、
リンクにて紹介をします。リンク切れなどありましたらお知らせ下さい。

注2)ASIO対応の録音ソフトを既に使っている方は、読み飛ばして下さい。

1)Reaper v0.999を入手しよう
http://www.reaper.fm/download-old.php?ver=0x

2)日本語化するパッチを入手しよう(フリーソフトでDTM様)
http://www12.atwiki.jp/free_dtm/pages/5.html

3)Reaperのインストール方法と日本語化(ちょむ工房様)
http://www.chomkoubou.com/d_doc/how2vcld-11.html
*最後の方にある「メニューオプション」→「設定」の項目は、
音楽作曲や編集用に必要な設定なのでボーカル録音では
設定しなくてOKです。(VSTプラグインパスの設定の事です。)

4)Reaperの設定をASIOにする(ジョリーの創作迷路様)
http://jrz.seesaa.net/article/212566902.html

5)Reaperの録音方法と保存方法(羽平跳haoto様)
http://www.haoto.com/stk/soft-top.html



*録音した音源の状態をチェックしてみよう

1)SoundEngineをダウンロードしてインストールする。
http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/music/soundedit/soundengine.html

2)音源の波形をチェックしてみよう。
録音したデータをWAVファイル出力し(レンダリング、エクスポート)、
SoundEngineに読み込ませます。

その時の例として、左側に良い波形、右側に悪い波形の例をキャプチャしました。
拡大可能ですので、詳細は画像をクリックしてください。
5fcf18b7.jpg

テスト録音をしてみて、右図のような波形になっていないかチェックしてみましょう。

録音音量が小さすぎるときは、
インタフェースのマイク音量を上げて音量を大きくします。
但し、録音ソフト側で音量のUPは絶対にしないでください。
インタフェースのマイクボリュームの調整だけでは、波形が大きくならない場合は、
そのままの状態で大丈夫です。


また、ノイズが入ってしまっている場合は、
近くに電気や電磁波を発するもの(冷蔵庫・電子レンジなど)から離すとか、
パソコンの電源のコンセントを壁から直接とってみるとか、不要な装置のスイッチは切る、
など試してみてください。



*MIXの直しについて

MIXの直しを希望する場合は、どの部分を、どう修正したいか、なるべく具体的にお願いします。

1)何分何秒の○○という歌詞の音が小さいので、少しあげてほしい。
2)何分何秒の○○という歌詞の部分が、少し走っているので直してほしい。
3)ボーカルトラックが全体的にこもってきこえるので、もう少し前にだしてほしい。


などなど。

こんな風に聞こえるとか、こんな風にしてほしい、という事でもかまわないのですが、
どの部分という事は、なるべくはっきりと伝えて頂くようお願いします。

~~~~

以上となります。

Reaperの操作や設定は慣れないと難しいかもしれませんが、
1度覚えてしまえば、2回目以降戸惑う事は無いと思います。

また、マイクやインタフェースを揃えるための出費もありますが、
まずはATX-11 + X-Fi Go Pro!の組み合わせであれば、
入門用に安価に機材が揃えられます。是非、参考にしてみてください!

夏のノートPC冷却

本格的に暑くなってきましたね。
こんな季節になると、ノートの冷却がきになりますよね。
自分はどうしているかというと・・・。

fc0dd895.jpg


bd9ee0d6.jpg


荷物がおきっぱで汚い部分は、モザイクでかくしました(笑)

冷却ですが、こんな風にしています。
扇風機は首振りにして、自分とノートPC兼用です(笑)

ノートPCの下に敷いてあるのは、なんと魚焼き器の中にはいっていた、焼き網です(笑)
100円ショップで売っている”すのこ”でも良いと思います。

ようは、浮かせて、ノートPCの下に風の道を作る事がポイント。

この方法で、通常の屋内利用ではほぼ問題なく冷やせると思います。
これで本当に冷えるのか?!と問われると、家では冷えてますとしか言えないのですが、
扇風機さえあれば出費は低いので1度試してみると良いかもです。

モニタースピーカー

http://tascam.jp/product/vl-m3/

こちらを注文してみました。
到着は3連休明け+配送日数で20日頃なのかな。

安価なモニタスピーカーなので、凄く良い音がなるとも思えないのですが、
一方でこれだけ鳴れば十分という意見もネットでチラホラ見かけたので、
ちょっとだけ期待しつつ到着まちです。楽しみ楽しみ。
記事検索
最新コメント
アーカイブ
livedoor プロフィール