駄文置場

PC、ガジェット、音楽に関して自分が興味がある事をツラツラと書いていく駄文置場です。

2012年01月

Fostex PA-2 到着

モニタスピーカーとして、今までTASCAMのVL-M3を使ってきたのですが、
超小型スピーカーという事もあり、モニター用途で不満が出てきたのですよね。
パワー不足というか、大きな音でならさないとよく音がわからないあたりとか。

とはいえ不満があっても、いくらなんでも数万もするモニタスピーカーは財力的に買えないので、
何か良いものがないかなーと探していた所見つかったのが、こちら。

FOSTEX PA-2

スペック表を見ればわかるのですが、
実はPA-2は、

PM0.4n☓2本
PC-1e
電源ON/OFFつきのテーブルタップ(安物ですが)

の3つがセットになったスピーカーモデルなのです。

通常バラバラにかうと、
2.2万位の出費を覚悟しなければならないのですが、
PA-2はお買い得セットになっていて、
安い店で色を選ばなければ、1.5万で購入する事ができます。
色を選ばないというのは具体的には、人気の無いピンク色とか。。。

自分なりに色々情報を入手した結果、
これはよいものだ!値段も手頃だしってことで、
早速購入してみました。

ac8121e6.jpg


人気の無いピンク色を・・・。

Amazonで1.5万でした。(他の色より5千円安い)

肝心の音質ですが、PM0.4nがホームユースのモニタスピーカーとして、
一定の地位を築いていますので、今更何を書くのかという感じですが、
悪いはずがありません。

http://www.amazon.co.jp/FOSTEX-%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%BF%E3%83%BC-PM0-4n-B-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B003G30H9C

直リンは貼りませんが、アマゾンのレビューあたりが、
使っている方の意見として参考になると思います。

個人的には「小音量でも、しっかりと聞ける音がでる」という点が、
かなりきにいっています。

家の中ではやっぱり、スピーカーならすといっても、
音量に限界ありますしね。
小さな音でも聞き分けられるというのはメリットです。

ということで、暫く愛用することになりそうです。

QuickTimeProを使ってmp4動画の音声を、別のWAV音声に差し替える

QuickTimeProを使ってmp4動画の音声を、別のWAV音声に差し替える方法です。

cb7b085b.jpg

音声を差し替えたいmp4動画を開き、ウインドウから「ムービーのプロパティを表示」させます。
通常はチェックを付けられる箇所は2つで、H.264とAACが表示されるはずです。

31164647.jpg

続いてサウンドトラック(AAC)を選択し、削除します。
(このまま閉じずにおいておきます)

0ab4342e.jpg

合成したい音声・音楽をもう1つ別のQT7Proで開き、編集→すべてを選択します。

de1a2cb6.jpg

続けてコピーします。音声側のQT7Proは終了します。

24f737a7.jpg

最後に合成したい動画(最初に音声を消した動画)を再度クリックし
編集→何も選択しないをえらんで選択範囲を解除したあとで、
編集→ムービーに追加と選ぶことにより音声が差し替わります。

また、音声を少し遅れて合成したい場合は、
上の図のように動画を再生し音声をスタートさせたい所で停止した上で、
編集→何も選択しないをえらんで選択範囲を解除したあとで、
編集→ムービーに追加と選ぶことにより音声が差し替わります。
(サンプルでは、目視2秒で止めています)

27b9e2be.jpg

こうする事で、新たに追加音声がサウンドトラックとして登場します。
今回は開始位置を後ろにずらしたので再生開始位置が、
0:02:40(2秒ちょっと)になっている事も確認できます。

817ade93.jpg

続けて合成した動画の書きだしです。まず、ファイル→書きだすと選び、
書き出し方式を"ムービーからMPEG-4"を選択しオプションを押します。
ビデオタブで、ビデオフォーマットを"そのまま"としてOKをおします。

b8e2edcb.jpg

次にオーディオタブを開き、オーディオフォーマットを"AAC-LC(ミュージック)"
とした上で適切なビットレート、サンプリング周波数を設定しOKを押します。
(サンプルは320kbps、44.1khzにしています)

8f2a0a3d.jpg

最後に保存を押して書き出します。

===

実はこの記事、少しの間非公開にしていました。というのも、

動画の音声差し替えや合成であれば、
有料のQuickTimePro7を使わなくても、
フリーウエアで同じことができてしまう事。

QuickTimeで扱えるmp4は、動画規格がかなり厳格に判定されるので、
一部のmp4動画の読み込みができない事。

動画と音声が別々のものを読み込んで、
合成した上でエンコードするという事は出来ないものの、
フリーウエアで合成した動画であれば、高品質でエンコードできる、
HandBrakeという超優秀なフリーウエアがMacintoshには存在する事。

これらの事から、わざわざお金をだして
QuickTimePro7を買う価値はないと思っているからです。

ですが、折角お金を出して買ったものなので、
再公開してみる事にしました。

Mac OSをブロードバンド向き設定にかえる

最近のMacOSは、ブロードバンドのネット通信をする時には、
自動的に最適な値を設定するというのが建前のようですが、
実際には、設定内容をブロードバンド用に変更することで、
ネット接続が高速化されます。
(RWIN値を変更する事で高速化されます)

設定変更するソフトはこちら。(画面は SetRWS 2.0の物です)

SetRWS

ホームページで最新版がダウンロードできます。
1
初回起動すると、赤枠に囲まれた3つの数値がだいたいこんな感じで表示されると思います。

2
Editable RWIN valuesにチェックをいれて、値を 260176 に3つとも変更し、OKを押します。
設定はこれで完了。他の数値は一切変更する必要はありません。
(くどいですが、あくまでも赤枠線の中の3つの数値のみ変更)
続いてメニューからAuto Setupにチェックをつけます。

75e412b0.jpg

最後にアカウントのログイン項目に SetRWS を追加すれば終わり。
起動時にパスワードの入力が必要ですが、多少の手間で高速化できるので我慢です。

38cd3a9c.jpg

Radish Speed Testによれば、21時すぎでしたが90MB以上の速度がでました。
(回線は、フレッツ光 + BB.excite を Air Mac接続しています。)

ぜひお試しください!

Lionがプリインストールされている2011 mid iMacにSnow Leopardを追加でクリーンインストールしました。

題名の通りですが、
外付けのHDDにSnow Leopardをインストールしました。

内蔵HDD = Lion + Bootcamp(Windows7)
外付HDD = Snow Leopard

という環境が構築できました。

なんでわざわざSnow Leopard?と思われるかもしれませんが、
Snow Leopardの方が速そうだったから(笑)です。

他にも小さな事をいえば、
AdobeのFMEが終了時にエラーを吐いて気持ち悪いとか、
NETDUETβが動かないとかあるのですが、
自分の場合はどちらも使っていないのであまり関係なしですが。

~~~

Appleでは、プリインストールされているOSのバージョンより古いものを
インストールしないようにアナウンスしています。

所がiMac 2011 midモデルは、この内容を見るとわかるとおり、
10.6.6 or 10.6.7が過去にプリインストールされ出荷されていた事が判ります。

言い換えればハードそのものは変わっていませんので、
Lionがプリインストールされている2011 midのiMacでは、
Snow Leopardが動作すると言えます。

話が少し飛びますが、一覧をずらっと眺めるとわかりますが、
Mac mini、MacBook Pro、MacBook Airは、
現行モデルすべてが最初からLion搭載で出荷されており、
過去にSnow Leopardを搭載していた事はないので、
こちらはSnow Leopardにダウングレードできない
(もしくは、出来るかもしれないがリスク大)と、
思ったほうが良さそうです。

iMacに話を戻し、もう少し詳しく見てみると

10.6.6 = build 10J4026
10.6.7 = build 10J4139

こちらの2種類が添付されていた事がわかりますので、
なんとかこのどちらかのDVDが入手できればインストールできそうです。

ここで注意です。

現在市販されている
Snow Leopard(パッケージ品)は、
10.6.0 or 10.6.3 であり、
iMacに搭載されていたものより古い物になります。

よって市販のSnow Leopardを買ってインストールしても
動作しない可能性が高いのでご注意ください。

あくまでも、上に書いたとおりですが、

10.6.6 = build 10J4026
10.6.7 = build 10J4139

この2種類が2011 mid iMacで動作保証されている、
Snow Leopardです。


繰り返しですが、こちらの2種類は、
市販パッケージ品より新しいものであり、
本体添付品のみで、新品購入での入手はできません。

ですので入手は率直に言えば中古品を買うか、
オークションでの入手となります。

~~~

自分の場合は本当に運がよく、偶然yahooオークションで、
10.6.7 build 10J4139を、非常に安価に(3000円弱)入手する事ができました。
オークションでSnow Leopardを入手する場合ですが、
ライセンスの所と、正しい物かという点は十分に注意しました。

1)まずライセンスが大丈夫か売り手に確認しました。
URL先のPDFにはゴチャゴチャと書いてありますが、

Appleのライセンス契約では、

・1回までは、Snow Leopard単体で第三者に永久譲渡していいですよ。
・ただしSnow Leopard一式、全部譲渡してね。
・譲る側はPCから、Snow Leopardを完全に消してね。


となっています。

つまりSnow Leopardはオークションで購入しても、
上記が守れていればライセンス上何も問題ありません。

2)DVDをよく確認しました。
b0226f63.jpg


オークションにアップされている画像を確認して、
DVDがグレー色である事、左上にiMacと記載がある事、
そしてバージョンが10.6.6 or 10.6.7である事を確認しました。

~~~

さて、入手さえできてしまえばこっちのもの。
インストールは簡単です(笑)

1)外付けHDDや、内蔵HDDのパーティション分割などを行い、GUIDのパーティションを作成。
2)Mac OSX Install DVDを本体にセットして C を押しながら起動
3)インストーラーが起動するので、1)で作ったHDDに新規インストール

以上!!すごく簡単!!

Lion上からダウングレードはできないので、
必ず再起動して C でDVDブートしてから、新規にクリーンインストールしてくださいねー。

HDDをキレイにフォーマットして、完全にLionを消しちゃうと大変なので、
必ず、外付けHDDか、Lionを残したまま、
別のパーティションを作成してインストールするようにしましょう。


スクリーンショット(2012-01-08 12.00.04)
ソフトウエア・アップデートしてしまったので10.6.8になっていますが、
無事Snow Leopardが起動しています。

MacOSX Lion で使えるニコニコ動画関連ツール

MacOS Lionで動作確認済みのニコニコ動画視聴用便利ツールの紹介。

CamTwist
いわゆるデスクトップキャプチャソフト。
Windowsでいう所のニコ生デスクトップキャプチャのような物。
高画質キャプチャできるのが特徴。但しちょっと重め。

Soundflower
LadioCast
2本セットで使います。
Soundflowerはオーディオルーティングソフト。
(ひらたく言えば、ステミキ環境を作るソフト)
LadioCastは、ルーティングを制御するソフトです。
MacOSではソフト的にステミキ環境を作っても、
遅延なく音声合成が出来ます。
但し、リバーブをかける事はできません。
*アキ様によるLadioCast+Soundflowerの神解説
http://overdrive-syndrome.blogspot.com/2011/11/ladiocast-soundflower.html
マイクにリバーブをかけたい場合は、フリーソフトの設定は、
かなり難易度が高いので、有償ソフトの導入が最も簡単です。
*アキ様によるマイクリバーブのかけ方(Audio Hijack Pro使用)。
http://overdrive-syndrome.blogspot.com/2011/11/ustream-tips.html

FMELauncher
生放送配信時に、Adobe - Flash Media Live Encoderを、
比較的簡単に設定するためのソフト。
xmlファイルのダウンロードが不要になるので便利。

Growl
デスクトップポップアップ通知ソフト。(但し対応しているアプリのみ)
アラート関係のソフトの画面ポップアップ通知に必須。
公式版はVer1.3で有償化+Lion対応されていますが、
こちらは有志制作によるVer1.2.2のLion対応版かつフリー版

NicoLiveAlert
アラートソフトです。上述のGrowl必須。
Growlのアプリケーションの表示スタイルが
「AboveTheNight」でなければ、正しく作動しないようです。

ニコなまmac
アラートソフトです。
特徴は、キーワードでアラート登録できる所です。
見たい放送を検索したり、特定キーワードの番組が始まったら、
アラートさせたい場合にすごく便利です。

NicoLive Helper
Firefox add-on型のニコ生用拡張ツールです。
本来はリクエスト放送用(動画をリスナーリクエストで流す)の
ツールですが、コメントビュアとしての機能ももっており、
大変便利に使うことができます。

SayKana
SayKotoeri
2本セットで使います。
SayKanaはMacをしゃべらせるための基本ソフトで、
SayKotoeriはMacをしゃべらせるための制御ソフトです。
Windowsで言う所の棒読みちゃん相当です。
記事検索
最新コメント
アーカイブ
livedoor プロフィール