駄文置場

PC、ガジェット、音楽に関して自分が興味がある事をツラツラと書いていく駄文置場です。

2014年06月

GA-Z87MX-D3H で Mac OS X 10.9.3が動く夢をみる。

10.8.5を動かす夢を見ていますがとっても安定して動作してくれているので、
10.9系でも試してみたいなと思いました。

所が10.9.3をクリーンインストールしてみた所、
インストーラが起動する前にカーネルパニックを起こしてしまい、
どうやってもインストーラにたどり着けず断念。

最終的に、以下手順通り古い10.9.1を最初にクリーンインストールし、
続いて10.9.3にcomboupdateする事で無事良い夢を見る事ができる事が判りました。

まだ使い始めではありますが、
以下手順通りでインストールを進めた後は、安定動作しています。

<環境>
CPU :Haswell i7-4771
M/B:Gigabyte GA-Z87MX-D3H F6
MEM:Kingston KHX16C10B1K2/16X × 4枚(32GB)
VGA:CPU内蔵(HD4600)

1)10.9.1で作成したインストーラUSBからセーフモード(-x)で
USBからインストーラ起動し10.9.1を通常通りインストールする。

2)10.9.1で作成したインストーラUSBからセーフモード(-x)で
HDDから10.9.1を起動し10.9.1の初期設定をすませる。

3)MacOSX10.9.1がセーフモードのまま起動するので、
以下のオプションにてmultibeastをインストールする。

User DSDT or DSDT-Free Installation
ALC892 Driver
AppleIntelE1000e Driver
AppleACPIPlatform.kext 10.8.1 RollBack
AppleIntelCPUPowerManagement.kext 10.9.0 Patch

AppleACPIPlatform.kextとAppleIntelCPUPowerManagement.kextのパッチを忘れない事

4)再起動します。

5)10.9.1で作成したインストーラUSBからセーフモード(-x)で
USBからインストーラ起動し、HDDへのBoot0エラーの対処を行う。
(過去の記事の該当部分参照下さい)

6)再起動し10.9.1で作成したインストーラUSBを抜いて、
HDDのブートローダから10.9.1を起動する。

7)10.9.1が起動したら、10.9.3へのcomboupdateを適用する。(再起動がかかる)

8)HDDのブートローダから10.9.3を起動する。

9)10.9.3が起動したら、以下のオプションにてmultibeastをインストールする。

User DSDT or DSDT-Free Installation
ALC892 Driver
AppleIntelE1000e Driver
AppleACPIPlatform.kext 10.8.1 RollBack
AppleIntelCPUPowerManagement.kext 10.9.0 Patch

AppleACPIPlatform.kextとAppleIntelCPUPowerManagement.kextのパッチを忘れない事

===

以上となります。

Mac用のセキュリティソフト

ESETパーソナルセキュリティを導入しました。

最近の定番となりつつあるWindows/Mac/Androidの
マルチプラットフォームアプリですが、
同時に何台までインストールできるかによってライセンス(値段)が違います。

自分の場合はWindowsとAndroidはKasperskyを使っているので、
MacOSだけまもれればいいや!という事で1番安いものを買いました。

いやはやしかし、MacOSXのセキュリティソフト事情は、
市場シェアも小さいというのはあるにせよ、
選択肢が少なくてかなしいですね。

ファイアウォールもついているもので選ぶと、

・ESET:ESETパーソナル(ファミリー)セキュリティ
・Norton:ノートンセキュリティ
・McAfee:インターネットセキュリティ
・Intego:MacInternetSecurity

この4つしかない(笑) Windowsがうらやましい(笑)
でまあ、この4つしかならESET以外選びようがない!(笑)

というのも、過去の経験などから以下のような状況だからなのです。
*あくまでも私権です。

ESET:
マルウエアが弱い印象ですが、
アンチウイルスはそこそこ性能がよいですね。あとは軽いですね。
少し前まで弱点だったファイアウォール性能も、
年々改善してきていて2014年度版はかなり良いようです。

Norton:
5年〜6年前は軽くて検出性能も良いという事で定番の1つでしたが、
最近は不安定で使う気がしません。
海外(中国)にユーザサポートをだしてしまったため、
サポーターとコミニュケーションがとりづらいのも難点。

McAfee:
Intelに買収され、ウイルスソフトの性能は良くなったように思いますが、
ただそれだけですかね。ファイアウォール性能がおまけ程度。
Intelの力かPCにやたらとプリインストールされていて、
実力以外の力でシュアがのびているような気がします。

Intego:
よくわかりません!(笑)
Macのセキュリティソフトでは名前がよくあがるのですが、
マルチプラットフォームにもかかわらず、
Windows用としては全く名前をきかないですよね。
もうちょっとデータがあれば評価のしようもあるのにな。

===

本当の気持ちでいうと、
市販ソフトの総合性能では1番まともとおもわれるKasperskyが、
Mac版でもFireWallを搭載してくれればそれが1番よいのですが、
2014年度版は残念ながら搭載されなかったので、
2014年度版に期待しつつ(無理かな)Kaspersky+ESET併用でいきたいと思います。

Kasperskyは3年分ライセンスかっちゃったしな(笑)
記事検索
最新コメント
アーカイブ
livedoor プロフィール