駄文置場

PC、ガジェット、音楽に関して自分が興味がある事をツラツラと書いていく駄文置場です。

2015年09月

Cakewalk SONARのアップグレード版についてその1

Sonarの販売やサポートについては少々面倒な事になっています。

経緯としては、

★従来
新規販売、サポート、アップグレード管理・・・すべてRoland

★少し前
新規販売、サポート、アップグレード管理・・・すべてTASCAM

★現在
新規パッケージ販売、サポート・・・TASCAM
新規/アップグレードのダウンロード販売・・・Cakewalk

・・・と、こんな調子で、管理主体がころころかわって、
紆余曲折、結局、ダウンロード販売は米Cakewalkが直接行うようになっています。

このための手順としては、Cakewalkに直接アカウントを作成し、
過去の情報が引き継がれている事を確認し、
そののちに、アップグレード版のダウンロード品を買う、という流れが必要。
そして引き継がれるキーは、E-Mailアドレスがキー情報になるようです。

その手順は以下となるのですが、気になる注意がきもあります。

====

http://tascam.jp/support/cakewalk_transfer/

『TPS-R』サイトにプロダクトキーにて登録された製品について

 製品情報を引き継ぐには、レジストレーションコードを取得した際の登録に使用されたE-MAILアドレスが必要となります。


※既にE-MAILアドレスが使用不可の場合は、E-Mailアドレスとシリアルナンバーまたはレジストレーションコードをご用意の上、タスカムカスタマーサポートまでお問い合わせ下さい。
※プロダクトキーのみの登録およびTPS-Rにご登録されていない製品は引き継がれません。
※旧Cakewalk社製品において、レジストレーションのシステムに対応していない製品は引き継がれません。
※プロダクトキーのみで登録された製品は、弊社へお問い合わせいただいてもCakewalkアカウントへ登録させることはできません。
※お問い合わせいただいた際、登録に使用されたE-MAILアドレスがご不明の場合は、引き継げないことがございますので、ご了承ください。

====

TPS-Rというのは、TASCAM時代の管理サイトの名前です。(既に閉鎖しておりアクセス不可)
そしてそのときに、E-Mailがちゃんと登録されていないと引き継ぎしませんよ、という訳です。

とはいうものの、長いことCubaseをずっと使い続けてきていて、
SonarX1を購入したのを最後にSonarX2も、SonarX3も年単位で放置しつづけてきました。
だって魅力なかったんですもん。

そんな状態だから、TPS-Rもちゃんとチェックしておらず、
E-Mailアドレスが何だったか、正しく登録されているかは覚えていません、笑

という事で案の定、注意書きの問題?にヒットしてしまったようで、
手順通りアカウントを作成してみたもの

「情報が引き継がれていない」

状態になってしまいました。がーん。
これではアップグレード版を購入する権利は得られません。

という事で、まずはTASCAMに電話をして問い合わせをしてみる事に。

ところがサポートが混雑していて電話がつながらない、笑
正しくいうと、つながるけれど、音声メッセージが流れて
混雑していますかけなおしてね!とアナウンスされ電話きれちゃう、笑
これひどくないですか!?せめて繋がるまで待たせてよ!!

渋々、なんどもなんどもかけなおしして(しかも電話番号は有料!!!)
やっとつながったと思ったら、

「うちではわかりません、Cakewalkに調べてもらうので、E-Mailで改めて問い合わせしなおして」

という謎回答、笑

「え!?電話でわからないの?E-Maillで問い合わせしなおしなの?」

とたたみかけるも、電話ではわからないので、情報をちゃんとかいてE-mailでおくっての一点張り、笑
こりゃだめだ・・・とあきらめて電話を切る。

次にCakewalk本体のサイトをくまなくチェックをしてみると、

https://www.cakewalk.com/Contact/RegistrationSupport

レジストレーションサポートのフォームから問い合わせができる模様。
早速拙い英文で問い合わせをしてみることにしました。

どうせすぐに返事来ないな?とは思っていたのですが、
なんと、問い合わせした翌日にサクッと返事がきました。

The serial is registered to a XXXXX do you want me to merge that over to the account you created?

・・・・と、返事がきたのですよ!(XXXXXの部分はE-MAILの個人情報なので隠します)

「レジストが別のメールにされているので、あなたが作ったアカウントに統合するかい?」

との事。Cakewalkやるじゃん!
さっそく拙い英文で

「統合して!」

と返信をかえしたのがさっきです、笑 さてさて、その結果はどうなるか。
また進展があれば、次の記事に書きたいと思います。

しかしTASCAMひどいな…。

スマホの料金プラン

現在はauユーザですが「カケホとデジラ」ではなく、
従来の「LTEフラット(v)」のプランを利用しています。

今の所家族契約は3名なのですが、

自分 :LTEフラット(v)パケット7GBつけて6934円
家族1:LTEフラット(v)パケット7GBつけて6934円
家族2:LTEフラット(v)パケット7GBつけて6934円

20802円・・・1GBあたりのパケット代 = (5700円×3台)÷(7GB×3台) = は814円 です。

・・・と、こんな感じで支払っています。
(一括購入で毎月割とか適用されるので実際はもうちょっと安いです)

パケットは「自分」と「家族1」は毎月パケット7GBでギリギリで、
「家族2」はパケットを余していて毎月捨てている状態なのですが、
カケホとデジラではないため、パケットシェアができずちょっと無駄にしてしまっています。

そこで料金プランを変更したらどうなるか?を検討してみました。
(SoftBankは現時点で利用する希望がないので割愛)

★docomoにMNPした場合

自分 :カケホーダイプラン+シェアパック20GBつけて19000円
家族1:カケホーダイプラン+シェアオプションつけて3500円
家族2:カケホーダイプラン+シェアオプションつけて3500円

26000円・・・1GBあたりのパケット代 = (16000円+500円+500円)÷20GB = 850円 です。

★auでスーパーカケホした場合

自分 :スーパーカケホ+データ定額8GBつけて8700円
家族1:スーパーカケホ+データ定額8GBつけて8700円
家族2:スーパーカケホ+データ定額5GBつけて7000円

24400円・・・1GBあたりのパケット代 = (6700円×2台+5000円)÷21GB = 876円 です。

=====

という事で結論からですが、電話を殆どかけないので、
現在の料金プランのまま使い続ける事が吉と判断しました。

domocoは長期割引があったり、auはボーナスパケットがあったりしますが、
どちらもややものたりない感じで、パケット中心の利用の場合、
現行プランを超える魅力には届きません。

それに、通話は正直LINE通話ですんでしまうので、あまり使わないのですよね。

料金面でも、現在より4000円~6000円も高く支払うのだとしたら、
MVNOのWifiルーターを別にもったほうがお得に思いました。

両社の料金プランの背景には色々と大人の事情もあるのでしょうが、
電話代+パケットの抱き合わせプランは、
もっと魅力的なプランが出てこない限りは、今のプラン継続かなと思います。

現行というか、旧来のプランを強化したほうが、
利用者増えるようなきがするのは自分だけでしょうか。

記事タイトル香港旅行について(2015/8/26日版、写真編)

香港旅行の写真編です。

今回の旅行はフリープランで街をぷらぷらしている事が多かったので、
基本的には「この観光地はこんな感じ!」という写真がありません、笑

ですので、少しでも香港の雰囲気をあじわってもらうために、
市街地や生活感のある写真をペタペタはっていこうと思います。

*露骨に人が移りこんでいる写真はぼかしていますので、見づらくてすみません。

しがいち1
しがいち2
九龍近辺の市街地です。日本となんら変わらないですね。とても近代的です。

みなと
香港島のフェリー乗り場近辺の港です。こちらもとても近代的ですね!

たかだい
こちらはビクトリアピークからの風景。
残念ながら霧がかかってしまいましたが、高台からの香港の街並みです。
なによりビルが多くて高いのが特徴。どのビルも50階、60階なんていうのが普通なんだとか。

こうきゅうじゅうたくがい
こちらは太平山近辺の高級住宅街近辺です。
なんでもジャッキーチェンが住んでいる(?)のだとか。
とても風水が良いのだそうで、お金持ちはここに住む!というのがステータスみたいですね。

やけい2
やけい1
ハーバーシティーショッピングセンターの港です。
「100万ドルの夜景」といわれる香港の夜景!
ただ イベントをやっていてものすごく人が多く、
あまり良い写真がとれなかった、涙。

しょうてんがい1
しょうてんがい2
香港の北角エリアです。
そしてこちらの写真が今回の香港旅行で最も良かった場所でもあります。
地元の方が利用する商店街!
キレイな所ばかりではなくて、裏通りに入ればこういった庶民の街もちゃんとあります。
実にアジアらしいし、左右の肉屋では中華包丁を振り回して肉をそぎ落としていたり、
ダイナミックな感じがすごかった!(おまけに匂いもすごい、笑)
また良く見ると判りますが、地面にレースがありますよね?ここなんと路面電車が走ります!
人が多すぎるので、電車が人がどくのをまつかんじでノロノロと通過していきます。ここは圧巻だったなあ。

おてら3
黄大仙というお寺で、地元では占いの聖地と呼ばれている場所です。
寺院の雰囲気は、実に中国らしいというか。中華街にある寺院もこのような感じですね!

最後にまとめて食事の写真をいくつか

ごはん3
ワンタン麺と牛肉麺です!地元で有名な店っぽいです。お皿がかけている、笑

ごはん2
飲茶!饅頭は絶品でしたが、映っていませんが、後に出てくるビーフンの味はダメだったー、笑

ごはん1
こちらは香港のファミレス(?)の食事です。紅茶がついているのが実にイギリスらしいですね。

=====

という事で写真はこんな感じです。

地元の方向けの商店街(北角エリア)は圧巻ですが、日本でも下町にいけば似たような所はありますし、
市街地は近代化が進んでいて、あまり日本とかわりありません。
そういう意味では、目新しい物を見よう!という意味で香港を訪れると少し拍子抜けするかもしれません。

ただどこか雰囲気が違うし人も文化も違う。そんな異国情緒にふれる事もできて、学ぶ事も沢山ありました。

日本は島国であって基本的に単一民族。文化の違いこそあれど大きな違いはない。

一方香港は、中国、台湾、韓国、東南アジア、北米、ヨーロッパと色々な国の人がいりまじっていて、
なかなかすごい雑多ぶりで混沌としている所もあります。

日本と比べて衛生面の違いとか、水が普通に水道から飲めないか、醤油がないつらさとか、笑。

もちろん、海外から日本に来たらまた違う感覚があるのでしょうし、
納豆や塩辛、梅干しなんて、海外の方が口にしたらたぶん絶句するのだとおもいますが、
日本で育った身としては、やっぱり日本の文化だったり、味だったりが一番しっくりくるのですよね。

どこか似ているけど、どこか違う。そんな雰囲気を1度あじわってみてはいかがですか?
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント
アーカイブ