駄文置場

PC、ガジェット、音楽に関して自分が興味がある事をツラツラと書いていく駄文置場です。

2015年10月

クレジットカード変更

先日それまで使っていたカードのキャッシュバックシステムに不満を覚えて、
クレジットカードを”NICOSのVIASOカード”に変更しました。

今まで利用していたカード会社は(北海道函館市発祥の信販会社とだけ・・・)、
いわゆる”高還元率(1%以上の還元率)”を売りにしたカードを多数だしており、
私の利用しているカードも1%以上の還元率でポイントがどんどんと溜り、
しかも溜まったポイントは手続きを行うことで、
”キャッシュバックポイントとして利用でき、支払いに充当できる”という優れものでした。

この特徴にひかれて利用をしてきたのですが、
一定期間使い続けある程度まとまったポイントがたまったので、
先日キャッシュバック利用しようと思ってサイトで手続きを行ったのです。

ところが・・・。

1)キャッシュバックポイント申請してから付与されるまで最大3週間もかかる。
2)付与されたキャッシュバックポイントは、”利用できる期間(3ヶ月間)”が限定されている。
3)付与されたポイントは、”付与日以後に支払ったカードのみがキャッシュバック対象”になる。今支払い未になっているものは対象にならない。
4)利用できる期間は最大3ヶ月。それ以後は失効する。

・・・というものでした。
カードを作る前の入会時点ではこの点は読み取れませんでした。
端的にいうと、

3週間先までポイントが付与されないにもかかわらず、
付与されたポイントは、3週間先の日付をスタートに、3ヶ月間限定で利用した支払い金額のみが、
キャッシュバック対象

になるというものなのです。

カードを利用されている方はお分かりだとおもいますが、
カードというのは通常利用してから1~2ヶ月後に請求されます。
いまは10月ですが、システムにもよりますが、
8月~9月に支払ったものが10月の利用分として請求される事になります。

つまりカード支払いを日常的に行っている場合、
11月分~12月分くらいまで、未来の支払い未が残っているのが普通です。

ところが、ポイントがたまった!と喜んでキャッシュバックポイントを申請したとして、
仮に10月15日にポイントが付与されたとします。
その場合は、10月15日~1月15日の3ヶ月の間に利用したカード決済のみが、
キャッシュバック対象となり、未来の支払い未があるにもかかわらず、
ポイント付与期間前に既にカードで支払ったものはキャッシュバックが適用されません。

つまり、

「還元率を高くするかわりに、その恩恵をうけるには永遠にカードを高い水準で使い続ける」

ことが、前提条件になっているのです。
まあ企業としては当然なんでしょうけどね。納得度は低いです。

いやはやしかし、申請してしまったキャッシュバックポイント。
VIASOにカードもきりかえてしまうので今後利用もへってしまうため、
このままだと失効してしまいます。

しかたないので、適当に1つ大きな買い物して充当するかな・・・。

ちなみにVIASOカードはシンプルに0.5%~2%程度の還元率が現金でキャッシュバックされます。
申請も必要もありません。勝手にお金がかえってきます。とってもわかりやすいやすいですね。

まあ良い勉強をしました。何か裏が必ずあるものですね・・・。

Cakewalk SONARのアップグレード版についてその3(Sonarのメンバーシップ制について)

今日は連続で2つ投稿となりますが、その3という事で分けます。

今回は、料金体系についての話です。
Sonarは最新版から、

http://tascam.jp/support/cakewalk_membership/

「SONAR メンバーシップ制」という料金体系に移行しました。
端的にいうと、

○12カ月分の料金で、12カ月はサポートが受けられる。
○12カ月分の料金で、永久使用権利が得られる。
○12カ月分の料金で、ほぼ毎月新機能が追加される。
○メジャーアップデートはなく、常に最新版に変化していく。


というものです。従来は、

○12カ月分の料金で、永久にサポートが受けられる。
○12カ月分の料金で、永久使用権利が得られる。
○12カ月分の料金で、パッチ類は不定期提供。
○メジャーアップデートで1年に1度大きくアップグレードされる。


というものがだったわけです。

さて、この料金体系を悪く言う人がいますが、本当にそうでしょうか?
そもそもソフトウエアのバグやアップデートパッチ類は、
1つ前の古いバージョンの場合、いずれ提供されなくなるのは常です。

Cubaseも1つ前の7の最新アップデートは
2014/2/5に提供されたのを最後に以後のアップデートはありません。
Cubase8に移行したのですから当然ですよね。

その他12カ月をすぎてからデメリットとしては、
ユーザサポート(メールや電話)を受け付けてくれなくなる事があります。
ただ1年すぎてから電話やメールで「使い方を尋ねる事」ってあるのでしょうか。

「いやー1年半前にかったソフトなのですが、使い方おしてください」

というシーンがあまり想像できないのです。この頃には十分使いこなせている気がします。
それでも利用権利は消失せず永続するわけです。
なのでライセンス系については問い合わせする権利を有しています。これで十分だと思います。

結局いままでのDAWだって、1年に1度メジャーアップデートして、
そのたびにアップグレード料金が徴収されるシステムだったわけです。
繰り返しとなりますが、それで得られるものって
「1年すぎてもユーザサポートに問い合わせする権利」位です。

今回Cakewalkはこの料金体系に移行した事で、
毎月機能追加をする体制にうつりましたので、この事によってSonarらしく、
いつでも新しい機能を、積極的に速く取り込む事ができるようになりました。
これってすばらしいじゃないですか。

新しい料金体系や変化を発表すると、すぐに過剰反応して「昔はよかったー」なんて言う人がいますが、
そういった方は悪い所さがしばかりではなくて、良い所も見てはどうかと思います。

1年たったら「はい、アップデートおしまい。アップデートしたかったらお金はらってね」と、
足きりされるのは少し気持ちが悪いかもしれませんが、
結局いままでだって1年に1度大金はたいてアップデートしてきたじゃないですか。

だらだらっと書いてしまいましたが、繰り返しですがぶっちゃけそんなに大きく変わっていないのです。

ようは端的にまとめると、

「ユーザサポートコストを減らして、その分、開発費にシフトしましょう」

って話ですよね。実にすばらしいと思いませんか?

Cakewalk SONARのアップグレード版についてその2

前回はCakewalkにアカウント統合して!というお願いまでした所を書きました。
今回はその続きです。

結論から!アカウント情報を結合いただき(それも依頼してからたったの2日で)、
無事、最新版のSonarのアップグレード権利を得る事ができました!!

Cakewalkやるじゃん、パチパチパチパチ!!!

====

という事であっさりトラブルもなく最新版のSonarが買えてしまったので、
今回はSonarを購入に至った経緯などを少し。

実はSonarは、8.5とX1の時代に利用していました。2011年~2012年位の事でしょうか。

当時のSonarは「よく落ちる」というのが代名詞のようになっていて、
こまめにプロジェクトを保存しないと折角の作業が台無しになるという程に安定感が低く、
これに嫌気がさして、Cubaseに浮気をしていました。

Cubase6.5->Cubase7->Cubase8・・・と、
順調にYAMAHAにお布施(アップグレード料金)を支払い使ってきたのですが、
最近になってSonarがX4相当品(最新版)をリリースしたという事が発表されて、
また戻ろうかなっと思ったのです。

その理由は

1)シンプルにいって「安定度が大きく向上した事」
これはネット上の情報でしかありませんが、
Sonarを使っているとよく落ちるという話を本当に聞かなくなりました。
安定度は大幅向上しています。
(実際購入して使ってみても、本当にあがっています)

2)「Cakewalk本体のアカウント管理になった事」
Cubaseも結局は、YAMAHAが代理店販売をしています。
Steinberg本体とIDは連携はしていますが、あくまでも管理元はYAMAHAです。
個人的には本音を言えば、代理店販売はあまり好きじゃありません。
(例えばVSTプラグインも、本家から英語版を買っています)
何かライセンス系でトラブルが起こったときに、本家なら対応がはやいからです。
上にかいたCakewalkの話なんかが、まさにそうですよね。

2)「積極的にSonarは新しい事に取り組む事、保守的ではない事」
Sonarはそもそも2005年から、内部のエンジンの処理が64bit化されていました。
この当時は多くのDAWが内部エンジンは32bitだったとおもうので、
かなり先進的に機能を取り込んでいたと思います。ちなみにCubaseはいまだに32bitですが・・・・。
こういった最新機能をいちはやく取り入れるのがSonarなんですよね。
また今回の最新アップグレードでも、VocalSyncを取り入れたり、あたらしい料金体系を取り入れたり、
常に変化をしてチャレンジをしようとしているDAWです。こういった姿勢は前からすきでした。

===

という事でDAWとしてはそもそも気に入っていたのですが、
ちょっと安定度で不安があって離れていたのですが、
今回ばっちり安定してくれたので、戻ろ!って訳です。

まだ使って少しではありますがいまのところ安定しているし、
内部64bitエンジンは本当に音が良いですね。戻ってよかったと思います。
記事検索
最新コメント
アーカイブ
livedoor プロフィール