駄文置場

PC、ガジェット、音楽に関して自分が興味がある事をツラツラと書いていく駄文置場です。

2016年08月

Cubase 8.5(Cubsae8.0)でリアルタイム視聴出力を有効にする方法

Cubase8.5やCubase8.0を使っていて、
「実時間で書き出す」を選んでいるのに、出力時に音が聞こえない時の設定方法です。

無題

最初に、デバイスメニューにあるVSTコネクション画面を開きます。

無題2
次に、出力タブを開き、Stereo Outを普段使っていないチャンネルに設定します。
通常は1-2がメイン出力だと思うので、この例では使っていない3-4を設定しています。

無題3
最後にスタジオタブを開き、Control Roomのボタンをおし水色にします。
続いて、Monitor 1をメイン出力のチャンネルに設定します。この例では1-2を設定しています。

これで設定は完了です。

シンプルにいうと、スタジオタブ=視聴用(モニタリグ用)の出力チャンネルを1-2に設定したので
Cubaseの音は全て1-2に流れて出力されますよ!という設定をした事になります。

このあたりの設定ちょっと判りづらいですよね。

google検索に ハイフン(-) を入力するとInternet Explorerが停止してしまう

こちらの記事あえて別建てにし、再度記載しておきます。

この件恐らく「カスペルスキー2016」の不具合が原因だと思います。

KAV2016 - Google Crashes Internet Explorer 11

こちらにある通りで、既に報告があがっている件であり、
調べたところ回避策はないそうで、次期バージョンである「カスペルスキー2017」で修正だそうです。

ただし2017バージョンの日本語化はまだ行われておらず、
現時点では英語版しか用意されていません。
例年3か月~半年たって登場するので、秋~冬に登場?といった感じでしょうか。

2016バージョンを使い続ける場合は、
「危険サイト診断機能をOFF」にすると回避できるという話もあります。

少し詳しくかくのですがカスペルスキーはどうやら、
ブラウザでサイトを読み込むときに、危険サイトを回避するために、
htmlを加工し、なんらかのコードを埋め込んで(?)表示させているようなのですが、
その動作にバグがあって回避策がないようなのです。

いずれにせよ、とんでもない話ですね…。

危険サイト診断がある!と売っておきながら使えないんですから。
別ソフトに乗り換える事を個人的にはおすすめします。

消去法で選ぶ総合セキュリティソフト

Windows10(64bit)環境を利用していますが、
現在使っているセキュリティソフトの更新期限が切れそうなので、
次に使うソフト選びをしてみました。


★ウイルス検出率ランキング
http://securitysoft.asia/rank/virus.php


★ファイアウォール防御率ランキング
http://securitysoft.asia/rank/firewall.php


★フィッシング詐欺対策のランキング
http://securitysoft.asia/rank/phishing.php


★検出の正確さランキング
http://securitysoft.asia/rank/false.php


上記のサイトは情報が大変によくまとまっています。

そしてセキュリティソフト選びですが、
ウイルスソフトとファイアウォールソフトを別々にそれぞれ買うか、
総合セキュリティソフトを選ぶかによって違ってきます。

ちなみにファイアウォール単体製品の性能を比較すると、

http://www.matousec.com/projects/proactive-security-challenge-64/results.php

こちらにある通り、Comodo と Outpost が大変優秀な結果を残していますが、
Comodo製品は日本語化されているのは企業向け製品であり
個人向け製品は英語版しかない事と、Outpostは買収されてしまったようで、
サポートが中断?してしまったため入手不可となっています。

つまりウイルスソフト単体製品+ファイアウォール単体製品の組み合わせは、
日本国内ではサポートの面などからあまり有効な選択肢とはいえず、
必然的に日本語化されている総合セキュリティソフトに頼らざるを得ない状況になっています。

と、ここまで書いて結論めいてしまうのですが、

★ファイアウォール防御率ランキング

を見るとわかる通り、ファイアウォールの防御性能を考えると、
「カスペルスキー」か「ESET」の2択しかないという状況になっています。

ウイルス検出の性能だけを見れば優秀なソフトは他にもたくさんあるのですが、
ファイアウォールまで組み合わせて考えると、この2本しか選択肢がないという状況です。

===

さてここまで書いてタイトルにある「消去法で選ぶ総合セキュリティソフト」にたどりつくわけですが、
先に結論を書いてしまいますが、現状は「ESET一択」になっています。

理由はライバルであるカスペルスキーが不安定な動作を引き起こす可能性があるため、
ESETしか選びようがないというのが実情なのです。

具体的には、

https://forum.kaspersky.com/lofiversion/index.php/t350254.html

こちらに英語で書いてあるのですが、

”googleで検索する際に「-(ハイフン)」を入力すると、IE11がクラッシュする”

という不具合をかかえており、読み進めていくとわかるのですが、

The bug 1692136 should be fixed in 17.0.0.507 version. We are awaiting for 2017 version TR release on this week.

このバグは 17.0.0.507 = 2017バージョンで修正されたとあります。
しかしながら日本にはまだ2016バージョンしか出荷されておらず2017バージョンは英語しかありません。

たったこれだけ?と思うことかもしれませんが、IE11を愛用している私にとっては、
googleの検索窓で不意にブラウザが落ちる可能性がある状態は不安だけしかありません。

firefoxやchrome、Edgeに乗り換えればよいのでしょうが、
お気に入りの使いやすさがIE11は飛びぬけてよいのでなかなか乗り換えらずにいます。

という事で、ポジティブな理由ではないのですが消去法でESETというのが現状です。
カスペルスキーも日本語化がもうちょっと早いタイミングで行われると良いのですけどね・・・。

ゲーム用に無線Lan環境を構築しました

暑さにかまけて3か月近くブログ更新をサボっておりましたが(ネタもなかったのですが)

バッファローの

★WXR-1900DHP2
http://buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/wxr-1900dhp2/

を購入した所すこぶる良かったので簡単にレビューを書こうと思います。

===ここから読み飛ばしてOKです、笑===


本題の前に、実はWXR-1900DHP2を買う前はNECの製品を使っていました。

★Aterm WG220HP
https://121ware.com/product/atermstation/product/warpstar/wg2200hp/

こちらなのですが、NECでも上位の機種でスペック上の性能は十分なのですが、
最近暑くなってきた事が原因(?)かわかりませんが時折謎の瞬断が発生し、
ゲームサーバーとの接続が切れてしまう不具合(?)に見舞われていました。

これでは安心してゲームどころではありません・・・。
(我が家だけかもしれませんが)

また別件となりますが、価格.comのレビューでは、
売れ筋の Aterm WG1200HP もレビューボロボロですね。

どうやらNEC製品は今は手を出さない方が無難な時期なのだと思います。

そして買い替えにあたっては、

RT-AC88U
https://www.asus.com/jp/Networking/RT-AC88U/

こんな製品も魅力的だな!と思ったのですが、
さすがにこの値段は手が出ません、笑

という事から今回の製品をチョイスしました。

===ここまで読み飛ばしてOKです、笑===

さて今回1番気にしたのはゲーム利用に耐えうる事です。

用途から安定した通信をしてほしいという思いがあったので、
1GhzデュアルコアCPUを搭載しており、
価格も手ごろなこの製品に白羽の矢を立てました。

そして環境構築ですが、
スループットを最大化したかったのでWXR-1900DHP2を2台購入し、
1台を親機もう1台を子機(無線コンバーター)として
利用する環境を作りました。

また構築環境ですが、リビングから居間まで廊下で15m位で、
ドアを2枚はさんだ状態での設置となっています。

1
まず気になる速度面ですが、親機・子機間の通信速度は、
こんな優秀な結果を維持する事ができました。

数値の変動をみても殆どぶれる事なく、
概ね上下とも1000Mbpsに近い通信速度が出る結果となり、
PCの物理Lanポートが1000Base/T(1000Mbps)である事を考えると、
無線を通した事による回線速度の低下はほぼ無い状態が担保できています。

3
次にpingです。
FF14で利用しているサーバーのipアドレスに50回pingを打っていますが、
平均値は8msと大変優秀で、無線だからといって問題が生じる事は無いと思います。

2
その他設定画面まわりも優秀で、
子機利用した事がある機種(過去に接続して繋がっていない機種を含む)の
一覧が簡単に可視化できたり、

4
セキュリティツール類も充実していたり(使う使わないは別として)

5
アプリケーションと呼ばれるツール類も充実しており、
総合的なコストパフォーマンスがとても高いと言えると思います。

私は価格.com信者でもなんでもないのですが、
無線親機で売れ筋1位になっているだけの理由はありますね。

とても良い製品を購入できたと思っています。
記事検索
最新コメント
アーカイブ
livedoor プロフィール