駄文置場

PC、ガジェット、音楽に関して自分が興味がある事をツラツラと書いていく駄文置場です。

自分メモ

Google Chrome用おすすめ拡張機能

Cache Killer

ChromeはなんでもCacheとして溜め込みますが、これが原因で逆にもっさり感を産んだり、
新しいタブを開いた時にURLがなかなか開かないなどの弊害も生みます。
この拡張機能はキャッシュを自動削除する事でもっさり感を解消します。

Douga Getter

ニコニコ動画エンコード用に動画を落とすために必須。

Ghostery

セキュリティ対策に。追跡トラッキングや広告ブロックの拡張機能です。
ミューブロックが強すぎる!という方(主に自分)おすすめ。

New Tab Redirect

Chromeは新しいタブを開くと履歴(サムネイル)画面が表示されますが、
この画面を開く事なく直接任意のURLを開くようにするための拡張機能です。

Click&Clean

Chromeを閉じる時に閲覧履歴などを自動消去してくれる拡張機能です。
Cache Killerとは別の不要なデータを削除できます。

Firefox 54にしても速くならない。

Firefox 54は、Chromeで既に採用されているように、
マルチプロセス化に対応する事で、
軽く速く動作するような仕組み
が導入されています。

ところが使用しているプラグインの種類によっては、
マルチプロセス化が有効にならないケースがあるようです。

FirefoxのURLの所に、「about:support」と入力すると、
”トラブルシューティング情報 ”という画面が開きます。

そこを下にスクロールしていくと、”マルチプロセスウィンドウ”という項目があるのですが、
ここが”0/1 (アドオンにより無効)”となっていて、高速化技術が動作していない事がわかります。

キャプチャ

アドオンが理由という事ですが、この理由を調べるためには、
Add-on Compatibility Reporter」 という、mozilla純正のアドオンを入れる必要があります。

このプラグインをインストールした後「about:addons」とURLバーに入力すると、
キャプチャ
FlashGot Mass Downloader」が非対応である事がわかりました。

FlashGotは、ニコニコから動画を落としてエンコードする時に愛用していたので、
これが使えないという事はとても痛いのですが、現時点では仕方なしです。

この状態でメモリの状態をみてみると、
確かにFirefoxは単一プロセスで動いてしまっている事がわかります。
1

そこでFlashGotを削除してみました。
このようにマルチプロセスウインドウが有効となりました。
キャプチャ

また、メモリプロセスもしっかり分割されている事も確認できました。
2

効果はかなり劇的で、起動した後に、複数のタブを使ったり、
新しいウインドウを開く時などに、Firefoxがキビキビ動くようになります。

FlashGotが使えなくなったのだから思い切ってChromeに・・・とも考えたのですが、
別アプリにはなってしまいますが「Craving Explorer」を使う事にしました。
別アプリではなく、アドオンでという事でしたら「Video DownloadHelper」を使うという手もありますが、
ダウンロード速度が遅い?ようなので私はパスしました。

それでもFirefoxに拘る理由は、FlashGot以上に便利である
DownThemALL」という分割ダウンローダの存在の大きさです。
幸いな事にDownThemALLはマルチプロセス対応しているので安心して使う事ができるようです。

Firefox54にしたけど、もっさりしたまま速くならない!という方の助けになればと思います。

KabeLake時代のQSVエンコード画質について考える

tかなり前にrigayaさんにご相談しながら情報を教えていただき、
以下のような記事をかきました。

Haswell時代のQSVエンコード画質について考える

今となっておはずかしいのですが、
H265でもH264でも両方ともQSVで対応していますが、
当時の記事はQSV=H264みたいな書きっぷりですね。
お恥ずかしい・・・。謹んで訂正させていただきます。

さて、時代はいつのまにやらKabyLake時代になり、
今年度後半には、次のCoffieLakeなるCPUの登場も予告されていますが、
やっぱり今でもQSV=H264かなと思っています。
H265は正直まだ早いかなと。エンコードが極めて遅いですし。

という事で結論からいうと、以下のレートが今でも生きているとおもっていて、
結局はICQ最高!という結論です。

「CQPで異常に低いQP指定 > LA-ICQ > ICQ >> CQP ≒ VQP > LA >>>(超えられない壁)>>> VBR = AVBR > CBR」

そういえばAviUtilでQSVのエンコードをするには、
rigayaさんが作られたQSVEncを使えば簡単にエンコードできますが、
今日はTMPGEnc Video Mastering Works 6の設定を少し書いておこうと思います。

無題

mp4の初期値からいくつか設定を変更しています。

映像エンコーダ Intel Media SDK Hardware
レート調整モード VBR(固定品質) VBV無し
パフォーマンス 遅い
品質 64
音声 320

なかでも固定品質モードの値を64にしている理由ですが、

51 - (TVMWの品質値 * 0.5)

このような計算式で求められる事をペガシスに確認済みです。
結果として crf=19 という値になります。
crf=19 はさすがにやりすぎでは?という意見もあろうかと思いますが、
SSIMという画質評価指標の値があり、

moni様が

x264のcrf値はどれくらいが適切なのか?  

という記事で検証されているのですが、
SSIMの値が0.985を下回ると、人間の目には画質が劣化したと映るようです。

そもそも最近はHDDの容量も大きくなっていますし、
自宅保管用の画像でしょうから、多少容量大きくなっても、
きれいな画質で残しておきたいものです。
という事で迷わず ctf=19 を採用しています。

肝心のエンコード時間ですが、7700K定格クロックで、
1時間半程度の動画が15分とかそのあたりだったと思います。速いですね!

\Device\RaidPort0 にリセットが発行されました

DELL Latitude E7250ですが、出荷時には LITEON社の128GBのSSDがついていたのですが、
容量が少し小さいため、crucialの250GBに換装をしました。CT250MX200SSD3というモデルです。

もちろん動作は問題なく、順調に動いているのですが、
ある日調べてみると、イベントマネージャに謎のエラーが発生している事がわかりました。

「デバイス \Device\RaidPort0 にリセットが発行されました イベント ID 129」

これは一体何がおこっているんだろう。

Port0なので、内蔵のSSDで何かしらトラブルが生じている事は間違いなし。
更にリセットがかかっているという事で、データロストの危険性があり、すぐ対処したくなります。

この事について色々調べたのですが、経緯はすっ飛ばして、結論だけ書きます。

実は、SSDの内容をバックアップしておこうと思い、
AcronisのTrue Imageというイメージソフトでバックアップを保管してあります。

どうやらこのバックアップデータを書き戻すと、SSDの省電力機能(LPM)が有効化されるようですが、
これが有効化されると、CT250MX200SSD3がエラーを吐くようです。

もちろん不具合というわけではありません。バックアップイメージを戻した時の弊害のようです。
(なので、クリーンインストール直後はエラーは吐かない)

という事で、レジストリを変更し対策しました。

ちなみに私は、インテルラピッド・ストレージ・テクノロジーをいれており、
バージョンは14.8.12.1059となっています。

バージョン11より前と、バージョン11以降でレジストリの場所が異なるようですが、
古いものを使っている方は既に少ないだろうという事で、バージョン11以降のみの場所を記載します。

====ここから====

1)コマンドプロンプトを開き、管理者権限でREGEDITを起動する。

2)HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\iaStorA\Parameters\Device を開く。

3)以下4点の値を、DWARDで追加し、全て 1 とする。(デフォルトで既に記載がある場合は弄らない)

DIPMの有効/無効の設定
Controller0PhyXDIPM(Xはポート番号)
Enable:1(Default)、Disable:0


HIPMの有効/無効の設定
Controller0PhyXHIPM(Xはポート番号)
Enable:1(Default)、Disable:0


HIPMで要求するLPMの状態
Controller0PhyXLPMState(Xはポート番号)
Slumber:1、Partial:0(Default)


DSTATE時にHIPMで要求するLPMの状態
Controller0PhyXLPMDstate(Xはポート番号)
Slumber:1(Default)、Partial:0


4)レジストリを閉じる。

5)インテルラピッド・ストレージ・テクノロジーを開き以下の画面を「無効」にする。

無題

6)PCを再起動する。

====ここまで====

手順は以上です。

上記の設定をした後しばらく様子を見ていますが、イベント ID 129のエラーは発生していないようです。
これでひと安心です。

しかし、まさかバックアップを戻すと、こんな弊害がでるとは・・・。

UR824をRMAAProで測定する。

RMAAProを自分でも測定してみたかったので買ってみました。
(ASIOを測定できるものは3500円位のシェアウエアです)

★事前準備物

ソフト RMAAPro 6.4.1
ケーブル カナレ電気 SPC01 × 2本
(安い物で良かったのですが、音屋が1500円以下だと送料をとるので渋々)

★事前設定

UR824の背面のLINEOUT 3/4から、
UR824の正面のLINE IN 1/2へ、SPC01 2本を使いケーブルをつなぐ。
この時に、左右を間違えない事。


※家の環境ではLINE OUT 1/2はスピーカー出力で使っており、
繋ぎかえるのが面倒なのでLINE OUT 3/4で測定しました。

★注意事項

UR824はDSPを内蔵していますが、
通常DSPを完全に無効にする事は出来ません。
(ファームウエアのダウングレードなど強硬手段を取ればできますが)

そしてDSPが有効になっていると、
RMAAProのレベルが調整できないため、正しい値が測定できません。

ですが、ASIO出力については、UR824の設定でルーティングを変更する事により、
DSPを回避した出力ルーティングをつくる事が可能です。

一方、MME出力(いわゆる通常のヘッドフォンやライン出力)の場合、
DSPを回避したルーティングを作る事ができません。

そこで今回はASIOのみで測定する事にしました。
(MME出力で測定する方法を誰か教えてください・・・)

★RMAAProの設定

*以後はLineOut 3/4 → LineIn1/2にケーブル接続する前提で記載します。

無題

最初に右上のASIOの設定画面を呼び出し、
Channel 1とChannel 2を、それぞれ、UR824 DAW Out 3 or Out 4にします。
あわせてUR824のdspMixFxから、LINE OUT 3/4を DAW Out 3/4にします。

無題2

続けて画面左下のRun testsの、一番左のアイコン(スピーカーと雷)のアイコンをクリックし、
UR824のLine 1/2の音量を最小(一番左)に回した状態から、
Line OUTの音量(本体右側の出力つまみ)をゆっくりあげていき、
左右ともに概ね、-1.0dbになる位置まで音量をあげます。

Start testを押せば、テストが開始されます。

★テスト結果

RightMark Audio Analyzer test - [ASIO] Yamaha Steinberg USB ASIO

縦に長く、みづらくてすみません。

この結果について、実際良いのか悪いのかを少し比較してみたくて、
機種は違うのですが、同じスタインバーグのUR22mkIIを持っている方に測定をして頂きました。
測定は私と同じASIOで測定して頂いております。

jpg large
結果は、大変興味深いものになりました。

インタフェースの値段が高い安い、
どちらが良い悪いという意味では決してないのですが、
私の結果と比較すると、UR824を上位機種だとすれば、
UR22mkIIが下位機種という位置づけがうまく数値に表れています。
大きく差が出ているのはステレオクロストークの値などの差でしょうか。
またダイナミックレンジやノイズレベルは似たり寄ったりになっていますね。

測定して下さった方も一般的な家庭内利用であり、
電源回りも常識的な家庭用機材の範囲で使っていらっしゃるので、
ノイズレベルは普通にやれば大体こんな傾向になるんだな
という事がわかり、とても有意義なデータとなりました。

一方、UR824同士だとどうなのだろう・・・と思い、
海外の測定サイトと比較すると、

http://www.midifan.com/modulearticle-detailview-2716.htm
http://www.midifan.com/iarticle/mx/ur/34.jpg (RMAAの結果への直リン)

私の家のデータよりずいぶんと良い結果である事がわかります。(周波数特性だけ悪いのが謎)

恐らく測定方法だったり、電源まわりがクリーンだったり、
色々と違いがあるんだろうと思っています。
なかなかプロレビュアのようにはいきませんね。

こうして計測をしてみて、率直な感想はこんなものでしょうねという感じです。
ズバ抜けてよくないけれど、決して悪くもない。
全てがGood以上ですし、トータルVeryGoodはなかなか上等かなと思っています。

そのうち機会があればうちの環境でRMEのインタフェースを測定してみたいですね。
シンタックスのレンタルサービス受けようかな・・・。
記事検索
最新コメント
アーカイブ
livedoor プロフィール