駄文置場

PC、ガジェット、音楽に関して自分が興味がある事をツラツラと書いていく駄文置場です。

自分メモ

\Device\RaidPort0 にリセットが発行されました

DELL Latitude E7250ですが、出荷時には LITEON社の128GBのSSDがついていたのですが、
容量が少し小さいため、crucialの250GBに換装をしました。CT250MX200SSD3というモデルです。

もちろん動作は問題なく、順調に動いているのですが、
ある日調べてみると、イベントマネージャに謎のエラーが発生している事がわかりました。

「デバイス \Device\RaidPort0 にリセットが発行されました イベント ID 129」

これは一体何がおこっているんだろう。

Port0なので、内蔵のSSDで何かしらトラブルが生じている事は間違いなし。
更にリセットがかかっているという事で、データロストの危険性があり、すぐ対処したくなります。

この事について色々調べたのですが、経緯はすっ飛ばして、結論だけ書きます。

実は、SSDの内容をバックアップしておこうと思い、
AcronisのTrue Imageというイメージソフトでバックアップを保管してあります。

どうやらこのバックアップデータを書き戻すと、SSDの省電力機能(LPM)が有効化されるようですが、
これが有効化されると、CT250MX200SSD3がエラーを吐くようです。

もちろん不具合というわけではありません。バックアップイメージを戻した時の弊害のようです。
(なので、クリーンインストール直後はエラーは吐かない)

という事で、レジストリを変更し対策しました。

ちなみに私は、インテルラピッド・ストレージ・テクノロジーをいれており、
バージョンは14.8.12.1059となっています。

バージョン11より前と、バージョン11以降でレジストリの場所が異なるようですが、
古いものを使っている方は既に少ないだろうという事で、バージョン11以降のみの場所を記載します。

====ここから====

1)コマンドプロンプトを開き、管理者権限でREGEDITを起動する。

2)HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\iaStorA\Parameters\Device を開く。

3)以下4点の値を、DWARDで追加し、全て 1 とする。(デフォルトで既に記載がある場合は弄らない)

DIPMの有効/無効の設定
Controller0PhyXDIPM(Xはポート番号)
Enable:1(Default)、Disable:0


HIPMの有効/無効の設定
Controller0PhyXHIPM(Xはポート番号)
Enable:1(Default)、Disable:0


HIPMで要求するLPMの状態
Controller0PhyXLPMState(Xはポート番号)
Slumber:1、Partial:0(Default)


DSTATE時にHIPMで要求するLPMの状態
Controller0PhyXLPMDstate(Xはポート番号)
Slumber:1(Default)、Partial:0


4)レジストリを閉じる。

5)インテルラピッド・ストレージ・テクノロジーを開き以下の画面を「無効」にする。

無題

6)PCを再起動する。

====ここまで====

手順は以上です。

上記の設定をした後しばらく様子を見ていますが、イベント ID 129のエラーは発生していないようです。
これでひと安心です。

しかし、まさかバックアップを戻すと、こんな弊害がでるとは・・・。

UR824をRMAAProで測定する。

RMAAProを自分でも測定してみたかったので買ってみました。
(ASIOを測定できるものは3500円位のシェアウエアです)

★事前準備物

ソフト RMAAPro 6.4.1
ケーブル カナレ電気 SPC01 × 2本
(安い物で良かったのですが、音屋が1500円以下だと送料をとるので渋々)

★事前設定

UR824の背面のLINEOUT 3/4から、
UR824の正面のLINE IN 1/2へ、SPC01 2本を使いケーブルをつなぐ。
この時に、左右を間違えない事。


※家の環境ではLINE OUT 1/2はスピーカー出力で使っており、
繋ぎかえるのが面倒なのでLINE OUT 3/4で測定しました。

★注意事項

UR824はDSPを内蔵していますが、
通常DSPを完全に無効にする事は出来ません。
(ファームウエアのダウングレードなど強硬手段を取ればできますが)

そしてDSPが有効になっていると、
RMAAProのレベルが調整できないため、正しい値が測定できません。

ですが、ASIO出力については、UR824の設定でルーティングを変更する事により、
DSPを回避した出力ルーティングをつくる事が可能です。

一方、MME出力(いわゆる通常のヘッドフォンやライン出力)の場合、
DSPを回避したルーティングを作る事ができません。

そこで今回はASIOのみで測定する事にしました。
(MME出力で測定する方法を誰か教えてください・・・)

★RMAAProの設定

*以後はLineOut 3/4 → LineIn1/2にケーブル接続する前提で記載します。

無題

最初に右上のASIOの設定画面を呼び出し、
Channel 1とChannel 2を、それぞれ、UR824 DAW Out 3 or Out 4にします。
あわせてUR824のdspMixFxから、LINE OUT 3/4を DAW Out 3/4にします。

無題2

続けて画面左下のRun testsの、一番左のアイコン(スピーカーと雷)のアイコンをクリックし、
UR824のLine 1/2の音量を最小(一番左)に回した状態から、
Line OUTの音量(本体右側の出力つまみ)をゆっくりあげていき、
左右ともに概ね、-1.0dbになる位置まで音量をあげます。

Start testを押せば、テストが開始されます。

★テスト結果

RightMark Audio Analyzer test - [ASIO] Yamaha Steinberg USB ASIO

縦に長く、みづらくてすみません。

この結果について、実際良いのか悪いのかを少し比較してみたくて、
機種は違うのですが、同じスタインバーグのUR22mkIIを持っている方に測定をして頂きました。
測定は私と同じASIOで測定して頂いております。

jpg large
結果は、大変興味深いものになりました。

インタフェースの値段が高い安い、
どちらが良い悪いという意味では決してないのですが、
私の結果と比較すると、UR824を上位機種だとすれば、
UR22mkIIが下位機種という位置づけがうまく数値に表れています。
大きく差が出ているのはステレオクロストークの値などの差でしょうか。
またダイナミックレンジやノイズレベルは似たり寄ったりになっていますね。

測定して下さった方も一般的な家庭内利用であり、
電源回りも常識的な家庭用機材の範囲で使っていらっしゃるので、
ノイズレベルは普通にやれば大体こんな傾向になるんだな
という事がわかり、とても有意義なデータとなりました。

一方、UR824同士だとどうなのだろう・・・と思い、
海外の測定サイトと比較すると、

http://www.midifan.com/modulearticle-detailview-2716.htm
http://www.midifan.com/iarticle/mx/ur/34.jpg (RMAAの結果への直リン)

私の家のデータよりずいぶんと良い結果である事がわかります。(周波数特性だけ悪いのが謎)

恐らく測定方法だったり、電源まわりがクリーンだったり、
色々と違いがあるんだろうと思っています。
なかなかプロレビュアのようにはいきませんね。

こうして計測をしてみて、率直な感想はこんなものでしょうねという感じです。
ズバ抜けてよくないけれど、決して悪くもない。
全てがGood以上ですし、トータルVeryGoodはなかなか上等かなと思っています。

そのうち機会があればうちの環境でRMEのインタフェースを測定してみたいですね。
シンタックスのレンタルサービス受けようかな・・・。

システムの保護を完全停止させる

Windows10では、手動でシステムの保護の保護設定を無効にしても、
いつのまにか有効にもどっている事があります。

恐らくWindowsUpdateがかかる度に、
この設定が有効になるよう書き換えられている事を疑っています。

システムの保護は、バックグラウンドでかなり激しくSSD or HDDにアクセスしますし、
記録媒体の寿命に良い影響を与えているとは思えず、
また、保存容量もそれなりに増えていくので、完全に停止させてみます。

===ここから===
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows NT\SystemRestore]
"DisableConfig"=dword:00000001
"DisableSR"=dword:00000001
===ここまで===

メモ帳に上記の内容を記載し、保護無効.reg などの名前で保存し、
管理者権限でログインしてダブルクリックをします。

以上で、


aaa

このように完全に無効に変更されます。
こんなものいらない!という方は是非おためし下さい。

備考ですが、再び有効にしたい場合は、

===ここから===
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows NT\SystemRestore]
"DisableConfig"=dword:00000000
"DisableSR"=dword:00000000
===ここまで===

こちらを 保護有効.reg などの名前で保存し、
管理者権限でログインしてダブルクリックをします。

最後にお約束ですが、レジストリを変更する作業となります。
当方、windows10 creators update、windows8.1 pro で動作確認はしていますが、
自己責任で行ってください。

ニコニコ動画歌ってみた用エンコード方法

ニコニコ動画歌ってみた動画のエンコード方法です。

使うものは KENくん様作の「Aviutil」 と rigaya様作の「x264guiEx」を使います。
インストールはx264guiExにインストーラがついており簡単に完了できるので割愛します。

また「NeroAacEnc」を使うためダウンロードしたzipフォルダを解凍し、
exe_filesフォルダに neroAacEnc.exe をコピーします。

さてさらっと本題ですが、まず最初に、
プリセットから[ニコ動]から[ニコ動 15分未満 アニメ]を選びます。
理由として一般的には、歌ってみたは実写ではなくアニメ系の動画が使われる事が多いためです。
また一般的に再生時間は長くて5分程度なのでこのプリセットを選びます。
無題1

続いて画面右側のエンコーダを「NeroAacEnc」に変更します。
さらにモードを「Q-Based AAC 320~kbps」に変更します。
無題2

これで設定は完了です。エンコードして動画UPしましょう!

===

さて以下余談です。

まずこれは大前提となりますが、
現時点ニコニコはいかなる動画でも必ず”100%再エンコード”されてしまいます。
つまり、何をやっても動画の画質は劣化します。
でも歌ってみたで重要な音質はどうでしょうか?

もちろん再エンコードされるわけですので、多少は劣化するはず、です。
ですが、再エンコードされ音質が多少劣化するといっても、
あくまでも元の音質を元に再エンコードするわけで、
という事はやっぱり、

”UPするときの動画の音質は良ければ良いにこしたことはない”


と言い切れます。(ここ重要)

その上で重要な音声エンコーダはどんな設定が音質が良いか。
これはかなり試行錯誤しましたが、いろいろ試した結果
「NeroAacEnc」が、最もしっくりくる音でした。

初期値の「qaac」や音質重視設定の「refalac」については、
どうも曇った音になりがちな傾向を感じていてしっくりきませんでした。

また「NeroAacEnc」の「Q-Based AAC 320~kbps」を選ぶと、
エンコード完了した時の音声ビットレートが400kbpsを超える事も多く、
多少なりとも圧縮率を抑える意味で優位に思っています。

もちろん好みがありますので好き嫌いは一概にはいえないと思いますが、
音声エンコーダは色々試していただければと思います。

Kaby Lake で Windows7 を使う

2017年3月のパッチ以後、Windows7 と Windows8.1では、
Kaby Lake や Ryzen ではWindows Updateが動作しなくなりました。

しかし有志の方によって、この制限を解除するパッチが存在しており、
日本語版環境でも問題なく動作する事を確認しています。
ですので、通常はパッチをそのまま利用するのが便利だと思います。

なのですが、制限を解除するパッチがどんなファイルをどうやって書き換えているか、
自分でもためしてみたい!という方向けに手動のパッチ方法を記載しておきます。
(そのような方がいるかはわかりませんが・・・)

方法はシンプルで、
バイナルエディタでdllを直接書き換えるという方法になります。

以後本題に入りますが、すべて自己責任でお願いをいたします。

===ここから===

まず最初に、 Stirling というバイナリエディタを落としてきます。
(他のバイナリエディタでもよいです)

次に管理者権限でコマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを打ちます。

net stop wuauserv
takeown /F wuaueng.dll /A

これでWindowsUpdateのサービスが停止し、
パッチをあてる対象ファイル  wuaueng.dll の権限が自分に置き換わります。

続いて Stiriling で wuaueng.dll を開き、
インストールされているwuaueng.dllのバージョンを確認し、
この内容のFile Offset(アドレス)の値を01から00に書き換えます。

続けて管理者権限のコマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを打ちます。

net start wuauserv

これで、WindowsUpdateが再度起動します。

以上で作業は完了です。
WindowsUpdateが動作するようになります。

===ここまで===

現状はパッチの発案者であるzeffy氏が孤軍奮闘して解析しているという事もあり、
マイクロソフトとのイタチごっこが続く以上、
2020年までずっと安心!という風には言いづらい状況でもあります。

とはいえ、この制限をかけているdllファイルは、
月例パッチのたびに制限つきのものに強制的に置き換えられるとはいえ、
ここ数回のパッチでは、dllファイル自体は更新されていません。

もしもMicrosoftがKaby Lakeの追い出しに関する制限について、
これ以上パワーをかけるのは無駄と判断したのであれば、
わざわざこのdllファイルを今後も更新し続けていく事はなくなるかもしれませんね。
そうなってくれる事を願いつつ、どうなっていくかは少し様子を見ていこうと思います。

という事で、もし最新CPUでもWindows7やWIndows8.1を使い続けたい!
という方がいれば、参考にしていただければと思います。
記事検索
最新コメント
アーカイブ
livedoor プロフィール