面白い記事を見つけたので当方のHDDのSMART情報をチェックしてみた。リンク先はしっかり考察されており、大変読み応えたっぷりのブログ記事になっているのだが、結論としては「起動回数14000回程度が現実的なHDD寿命ではないか」と結論づけているように当方には読めた。

そこで、当方がRaspberryPiに接続している2.5HDDをRaspberry Pi OS上で表示させてみた。
SMART Attributes Data Structure revision number: 16
Vendor Specific SMART Attributes with Thresholds:
ID# ATTRIBUTE_NAME          FLAG     VALUE WORST THRESH TYPE      UPDATED  WHEN_FAILED RAW_VALUE
  1 Raw_Read_Error_Rate     0x000b   100   100   050    Pre-fail  Always       -       0
  2 Throughput_Performance  0x0005   100   100   050    Pre-fail  Offline      -       0
  3 Spin_Up_Time            0x0027   100   100   001    Pre-fail  Always       -       2063
  4 Start_Stop_Count        0x0032   100   100   000    Old_age   Always       -       9551
  5 Reallocated_Sector_Ct   0x0033   100   100   050    Pre-fail  Always       -       0
  7 Seek_Error_Rate         0x000b   100   100   050    Pre-fail  Always       -       0
  8 Seek_Time_Performance   0x0005   100   100   050    Pre-fail  Offline      -       0
  9 Power_On_Hours          0x0032   001   001   000    Old_age   Always       -       68269
 10 Spin_Retry_Count        0x0033   253   100   030    Pre-fail  Always       -       0
 12 Power_Cycle_Count       0x0032   100   100   000    Old_age   Always       -       2747
191 G-Sense_Error_Rate      0x0032   100   100   000    Old_age   Always       -       21
192 Power-Off_Retract_Count 0x0032   097   097   000    Old_age   Always       -       1739
193 Load_Cycle_Count        0x0032   001   001   000    Old_age   Always       -       2077940
194 Temperature_Celsius     0x0022   100   100   000    Old_age   Always       -       34 (Min/Max 13/51)
196 Reallocated_Event_Count 0x0032   100   100   000    Old_age   Always       -       0
197 Current_Pending_Sector  0x0032   100   100   000    Old_age   Always       -       0
198 Offline_Uncorrectable   0x0030   100   100   000    Old_age   Offline      -       0
199 UDMA_CRC_Error_Count    0x0032   200   200   000    Old_age   Always       -       0
220 Disk_Shift              0x0002   100   100   000    Old_age   Always       -       8215
222 Loaded_Hours            0x0032   055   055   000    Old_age   Always       -       18160
223 Load_Retry_Count        0x0032   100   100   000    Old_age   Always       -       0
224 Load_Friction           0x0022   100   100   000    Old_age   Always       -       0
226 Load-in_Time            0x0026   100   100   000    Old_age   Always       -       332
240 Head_Flying_Hours       0x0001   100   100   001    Pre-fail  Offline      -       0
注目すべきは「9 Power_On_Hours」の値となる。

これは言うまでもなくHDDの電源投入時間であり、通常は3年~5年で買い替え周期を迎えると言われている事を考慮すれば、24時間稼働で43800時間程度が壊れる目安となるが、当方のHDDは68269時間も使っており、約7.8年経っても不調の不の字もなく元気に動いている。

実際「1 Raw_Read_Error_Rate」「 2 Throughput_Performance」エラーをしめす値は「0」のままであり新品となんらかわらない値になっている。

続けて「12 Power_Cycle_Count」起動回数を見ると「2747」回となっている。実はこのHDDはつけっぱなしで使う事が多いHDDなので、約7.8年使っても2747回しか電源の入り切りをしておらず、1日1回以下の電源投入回数となっている。

という事から考えると、上のリンク先のブログの仮説条件と極めて似ている事から、あと30年くらいは元気に動いてしまうという”机上計算”となる。

もちろんRaspberry Pi以外にも多数のHDDを使っており、使い方や電源の入りきり回数、稼働時間、アクセス頻度などは様々だが、今回学んだ結果を考慮し、当方としては全く問題なく動作しているとしても、起動回数4000回程度を目安に買い替えていく事とした。